テーマで探す
歴史・文化
自然
レジャー・スポーツ
体験・産業観光
フルーツ狩り
ロケ地
温泉
宿泊
グルメ・お土産
市町村で絞り込む


ワードで探す


長福寺 (ちょうふくじ)

概要 明徳年間(1350年頃)に真言宗の寺院になった長福寺は奈良時代(757年)、唐の高僧鑑真和尚が開基したと伝えられ、当初は真木山(まきさん)の山頂にありました。しかし度重なる火災により、昭和3年に寺院が、昭和26年に三重塔が現在の場所に移りました。
高さ約22m、鎌倉時代の建築様式を伝える三重塔は、鎌倉時代中期の弘安8年(1285年)に天台宗の円源上人によって建立されました。
特徴 岡山県下で最古の木造塔建築とされ、国指定重要文化財、「おかやま県歴史の旅百選」にも選定されています。平成27年6月には、杮(こけら)葺きの屋根が葺き替えられ、真木山の四季折々の風景を楽しませてくれます。

寺院には木造十一面観音立像、絹本著色十二天像図、絹本著色両界曼荼羅図、絹本著色動明王像図など16点の国指定重要文化財が所蔵されています。
所在地 岡山県美作市真神414
TEL 0868-74-2026
アクセス JR姫新線林野駅/車25分,または岡山行きバス25分/福本下車徒歩30分
中国自動車道美作IC/車30分
駐車場 普通車20台
バス10台
主な仏閣
種類 真言宗御室派
建造物
指定 国指定
所有者 長福寺
規模(数量) 1基
七福神
名称3 真木山
種類 西日本播磨美作七福神
神名 福禄寿神
観音霊場
名称2 【札所名】瀬戸内三十三観音霊場
名称3 【山号】真木山
神名 十一面観音
※掲載内容は予告なく変更される場合があります。詳細については事前に電話等でご確認ください。
戻る