テーマで探す
歴史・文化
自然
レジャー・スポーツ
体験・産業観光
フルーツ狩り
ロケ地
温泉
宿泊
グルメ・お土産
市町村で絞り込む


ワードで探す


衆楽園(旧津山藩別邸庭園) (しゅうらくえん(きゅうつやまはんべっていていえん))

江戸時代初期に築庭された近世池泉廻遊式大名庭園
概要 江戸時代初期、津山藩の2代目藩主森長継の頃に作庭された廻遊式大名庭園。
岡山後楽園よりも50年ほど古く、京都から小堀遠州流の技術者を招き、仙洞御所を模して造られたので、島の配置や植え込みなどにも京風の風雅な趣が漂っています。
当時は約2400坪と、現在の3倍ほどの面積があり、藩主の別邸として、また他藩の使者と会う「御対面所」としても使用されていた。
特徴 平成14年9月には「旧津山藩別邸庭園(衆楽園)」として国の名勝に指定
所在地 岡山県津山市山北628
TEL 津山市観光協会 0868-22-3310
URL https://www.city.tsuyama.lg.jp/city/index2.php?id=522
アクセス JR津山駅より徒歩20分、バス10分(衆楽園前下車)
駐車場 あり
庭園
料金 無料
営業時間 4月〜10月 7:00〜18:00
11月〜3月 7:00〜17:00
定休日 無し
補足 この公園は国有地で津山市へ無償貸付されているものです。
サクラ(桜)
規模(大きさ) 100本
時期 4月上旬〜4月中旬
特徴 「絲桜水にも地にも枝を垂れ」山口誓子の句碑がある。
ツツジ・サツキ
規模(大きさ) 150本
時期 4月下旬〜5月上旬
紅葉の名所
時期 10月下旬〜11月中旬
特徴 カエデ
この庭園は京都の仙洞御所によく似ており、島の配置や水面に映る島影の美しさ、四季折々の樹木の枝ぶりにも、洗練された美を感じることができます。
名勝
指定 国指定
所有者 国・津山市
特徴 この庭園は京都の仙洞御所によく似ており、島の配置や水面に映る島影の美しさ、四季折々の樹木の枝ぶりにも、洗練された美を感じることができる。
庭園内の古い建物群は現存せず、それらを再現した建物(余芳閣・迎賓館・風月軒ほか)が建っている。

庭園の大半を占める池。
春の桜、夏の睡蓮、秋の紅葉、冬の雪景色。
季節ごとに調和の取れた美しさで、市街地の中にありながら園外の喧騒とは離れた幽玄な世界を醸し出している。

平成14年9月には「旧津山藩別邸庭園(衆楽園)」として国の名勝に指定。
大名庭園としての国の指定は、岡山市の後楽園に次いで岡山県下で2例目。
※掲載内容は予告なく変更される場合があります。詳細については事前に電話等でご確認ください。
戻る