テーマで探す
歴史・文化
自然
レジャー・スポーツ
体験・産業観光
フルーツ狩り
ロケ地
温泉
宿泊
グルメ・お土産
市町村で絞り込む


ワードで探す


西大寺地区

全国的にも非常に珍しい看板建築が残る町並み
西大寺五福通り
概要 はだか祭りで有名な西大寺「観音院」の境内から少し北に歩くと、今ではめずらしい看板建築(※)の商家が建ち並び、昭和の面影を残す、通称“五福通り”が現れます。
 五福通りの「五福」とは、人生の五種の幸福、すなわち、寿(寿命の長いこと)、富(財力の豊かなこと)、康寧(無病なこと)、好徳(徳を好むこと)、終年(天命をもって終わること)で、はだかまつりで裸衆が奪い合う宝木(しんぎ)は、この五福を授ける意味で与えられたことから、この通りが五福通りと呼ばれるようになったといわれています。
特徴 五福通りにある一見洋館風の建物は,看板建築と呼ばれ,昭和初期に道路拡張のために軒切りをした際に表面だけを囲って(看板の理由)洋風にしているもので,中の建物は江戸や明治時代のもの。

この五福通りの界隈には十数軒の看板建築が残っており,これは全国的に見ても非常に珍しい。

※看板建築とは、関東大震災後、商店などに用いられた建築様式
 ちょうど看板のような平坦な壁を利用して自由なデザインが試みられたため、看板建築と命名
 擬洋風建築が大衆化したもので、外観こそ洋風に見えるが、中に入るとタタキの奥に茶の間があるような昔ながらの間取りがほとんどです。
所在地 岡山県岡山市東区
TEL 岡山市西大寺支所
URL http://www.city.okayama.jp/higashiku/soumu/soumu_00105.html
アクセス JR赤穂線西大寺駅/徒歩約10分
西大寺バスターミナル神崎経由牛窓行観音院下車/車約2分
町並み(町並み保存地区)
見所・体験 映画「ALWAYS 三丁目の夕日'64」やドラマ「とんび」のロケ地にもなりました。
※掲載内容は予告なく変更される場合があります。詳細については事前に電話等でご確認ください。
戻る