テーマで探す
歴史・文化
自然
レジャー・スポーツ
体験・産業観光
フルーツ狩り
ロケ地
温泉
宿泊
グルメ・お土産
市町村で絞り込む


ワードで探す


息游軒遺址碑(熊沢蕃山宅跡碑) (そくゆうけんいせきひ)

概要
特徴 江戸時代の儒学者・経世家として著名な熊沢蕃山が明暦3年(1657)同門の士とともに,知行地の寺口村(現備前市蕃山)に隠棲し,村名も「蕃山村」,自分の姓も「蕃山」と称し,寛文元年(1661)迄居住した。その宅跡(正楽寺隣接)に頌徳碑として,文政元年(1818)に建立された碑。撰文は,岡山藩教授井上潜(号四明)書は,岡山藩士斎藤一興,篆額は漢詩人小原正修,建立者清水静。(備前市指定史跡)
所在地 岡山県備前市蕃山1305
TEL 正楽寺 0869-67-0726
アクセス JR赤穂線伊里駅/車10分
山陽自動車道備前IC/車10分
駐車場 普通車60台
バス20台
碑(文学碑)
人物名 井上潜(四明)斎藤一興書
※掲載内容は予告なく変更される場合があります。詳細については事前に電話等でご確認ください。
戻る