テーマで探す
歴史・文化
自然
レジャー・スポーツ
体験・産業観光
フルーツ狩り
ロケ地
温泉
宿泊
グルメ・お土産
市町村で絞り込む


ワードで探す


金浦の名の由来碑 (かなうらのなのゆらいひ)

概要 沖つ風 浪立つべくも吹かぬよに 金の浦より出づるあま舟
特徴 明治22年(1889)に,金浦村(かなうらそん)が誕生したときに,この歌にちなんで「金浦」という名が付けられた。この歌は,後冷泉天皇 永承元年(1046)の大嘗会で詠んだ歌である。
所在地 岡山県笠岡市金浦国道2号線脇金浦コミュニティ花壇内
TEL 笠岡市役所産業振興課 0865-69-2147
アクセス JR山陽本線笠岡駅/車5分
山陽自動車道笠岡IC/車15分
駐車場 なし
碑(文学碑)
人物名 藤原家経
※掲載内容は予告なく変更される場合があります。詳細については事前に電話等でご確認ください。
戻る