テーマで探す
歴史・文化
自然
レジャー・スポーツ
体験・産業観光
フルーツ狩り
ロケ地
温泉
宿泊
グルメ・お土産
市町村で絞り込む


ワードで探す


高崎五六歌碑 (たかさきごろくかひ)

概要 思ひきやかゝる侘しき山おくのみやこに恥ちぬみちなさむとは 絹掛の滝のしらいと山姫の織りいてしより幾世経ぬらむ
特徴 明治13年,谷合から広石までの岸壁を切り開いて立派な新道が完成した時,当時鬼県令として恐れられた岡山県令高崎五六の短歌首を刻んだ碑である。一世紀前の交通史を語るものとして,貴重な歌でもある。
所在地 岡山県新見市草間12267-1 絹掛の滝
TEL 新見市教育委員会生涯学習課 0867-72-6147
アクセス JR伯備線井倉駅/車10分
中国自動車道新見IC/車30分
駐車場 普通車20台
碑(文学碑)
人物名 高崎五六
※掲載内容は予告なく変更される場合があります。詳細については事前に電話等でご確認ください。
戻る