テーマで探す
歴史・文化
自然
レジャー・スポーツ
体験・産業観光
フルーツ狩り
ロケ地
温泉
宿泊
グルメ・お土産
市町村で絞り込む


ワードで探す


茶屋町鬼太鼓 (ちゃやまちおにだいこ)

茶屋町地区の文化「鬼」に精彩を添えるべく誕生した創作太鼓
茶屋町鬼太鼓
概要 江戸時代から茶屋町地区に伝わる文化「鬼」にもう一つ精彩を添えようと,1983年猪木克太氏により創作太鼓として誕生した。吉備津彦命との戦いで退治され首をはねられても,うなりやまなかった温羅が村々の鎮守の神となり,人々の畏敬を集めるまでになった一生をリズムにとりいれたもの。豊かな表現を工夫し茶屋町の鬼の独特のスタイルで鋭い顔の赤や青の鬼面をつけて乱れ打ち、又一年間の無病息災や魔除厄除を願いながら勇壮に打つ縁起の良い太鼓で岡山県を代表する郷土芸能として県内外を問わず活躍し、海外公演でも各国から絶賛されている。
特徴
所在地 岡山県倉敷市茶屋町
TEL 茶屋町鬼太鼓保存会086-429-0748 
090-3746-4747(代表:猪木)
URL http://www.onidaiko.com/
主な郷土芸能
※掲載内容は予告なく変更される場合があります。詳細については事前に電話等でご確認ください。
戻る