テーマで探す
歴史・文化
自然
レジャー・スポーツ
体験・産業観光
フルーツ狩り
ロケ地
温泉
宿泊
グルメ・お土産
市町村で絞り込む


ワードで探す


新見美術館 (にいみびじゅつかん)

新見美術館
概要 新見美術館は、郷土出身の横内正弘氏(故人)から寄贈を受けた美術品約350点をもとに、地域文化の向上をめざし平成2年11月1日にオープンしました。
 現在では、1,100点余りの作品を収蔵しており、その中心となる文人画家・富岡鉄斎の作品約80点は高い評価を受けております。その他、近・現代の日本画、郷土ゆかりの洋画家や工芸家の作品などを収集展示し、1年を通じて様々な展覧会を開催しています。
特徴 外観は中世の荘園として栄えた新見庄のイメージを,入母屋造りで銅板ぶきの屋根に生かした落ちついた建物。一階は市民ギャラリーで,市民の芸術・文化活動の拠点となっているほか中世新見庄展示室があり,歴史学習の場を提供している。
所在地 岡山県新見市西方361
TEL 0867-72-7851
URL http://www.city.niimi.okayama.jp/usr/art/
アクセス JR伯備線新見駅/徒歩10分
中国自動車道新見IC/車10分
駐車場 普通車28台 バス2台
美術館
種類 日本美術
郷土美術
歴史資料
料金 展覧会によって異なる
営業時間 9:30〜17:00(入館は16:30まで)
定休日 毎週月曜日(祝日の時は翌日)
年末年始(12/27−1/4)
付帯施設 カフェ、ミュージアムショップ、ベビーカー・車いす
※掲載内容は予告なく変更される場合があります。詳細については事前に電話等でご確認ください。
戻る