テーマで探す
歴史・文化
自然
レジャー・スポーツ
体験・産業観光
フルーツ狩り
ロケ地
温泉
宿泊
グルメ・お土産
市町村で絞り込む


ワードで探す


アテツマンサクの森 (あてつまんさくのもり)

概要 アテツマンサクは、マンサク科の落葉中高木で広島県北部から岡山県中北部が自生地となっている。
故牧野富太郎植物博士が新見市黒髪山の青竜寺で発見、命名されたことに由来。マンサクとは、「豊年満作」の意味で、花が枝に満ちる様相から来ている。別名「タニイソギ」とも言われ、寒い節分から開花し、黄色い花を咲かせる。
特徴
所在地 岡山県新見市大佐小阪部
TEL 0867-98-2614
アクセス JR姫新線刑部駅/車15分
中国自動車道新見IC/車30分
駐車場 なし
マンサク
規模(大きさ) 2,500本
時期 2.下〜4.上
※掲載内容は予告なく変更される場合があります。詳細については事前に電話等でご確認ください。
戻る