テーマで探す
歴史・文化
自然
レジャー・スポーツ
体験・産業観光
フルーツ狩り
ロケ地
温泉
宿泊
グルメ・お土産
市町村で絞り込む


ワードで探す


大多府漁港元禄防波堤 (おおたぶぎょこうげんろくぼうはてい)

大多府島 元禄防波堤
概要 瀬戸内海の大多府島に、池田藩によって元禄11年に築港された大多府港にある港湾施設。
2段に石を積んだ構造で、曲面形状になる堤の築造技術にみるべきものがある。
随所に後世の補修はみられるが、現存する数少ない明治期前の港湾施設として貴重。
特徴
所在地 岡山県備前市日生町大多府248-2
建造物
指定年月日 平成10年1月16日
指定 国指定 有形文化財(建造物)
規模(数量) 直立式石積防波堤,延長129.7m,幅6.0m,高さ5.0m
※掲載内容は予告なく変更される場合があります。詳細については事前に電話等でご確認ください。
戻る