テーマで探す
歴史・文化
自然
レジャー・スポーツ
体験・産業観光
フルーツ狩り
ロケ地
温泉
宿泊
グルメ・お土産
市町村で絞り込む


ワードで探す


旧犬養家住宅 (きゅういぬかいけじゅうたく)

旧犬養家住宅
概要 5.15事件で「話せばわかる」の言葉を残して青年将校の凶弾に倒れた犬養毅(号=木堂)の生家。主屋は江戸時代中期の大庄屋の姿を伝える貴重な建物である。解体修理を行った後,現在は一般公開されている。
特徴 江戸時代後期の正徳年間に建てられたと推定されており,県南における近世民家の代表的なものである。
所在地 岡山県岡山市北区川入102-1
建造物
指定年月日 昭和53年
指定 国指定
所有者 岡山県
規模(数量) 2棟
※掲載内容は予告なく変更される場合があります。詳細については事前に電話等でご確認ください。
戻る