テーマで探す
歴史・文化
自然
レジャー・スポーツ
体験・産業観光
フルーツ狩り
ロケ地
温泉
宿泊
グルメ・お土産
市町村で絞り込む


ワードで探す


多聞寺 (たもんじ)

概要 1533(天文2)年に法印精良上人が開山し、1692(元禄5)年に現在の場所に移転した。1812(文化9)年の大火で本堂を焼失したが、弘法大師自作28体のひとつとされている大師像は自ら本堂より抜け出て難を逃れたという。
その夜、眼に火傷を負った僧侶が高梁の薬問屋に薬を求めて現われ、礼を言うやいなや姿を消すという出来事があった。
この話が伝わった後は、眼病にご利益ありということで、多くの参拝者で賑わったという。毎年8月21日には、大師の祭りが行われる。
特徴 現在の本堂は1815(文化12)年建立。
明治中期から大正元年まで矢掛町役場としても使われた。
所在地 岡山県小田郡矢掛町矢掛2056
TEL 0866-82-0629
アクセス 山陽自動車道鴨方IC/車20分
井原鉄道井原駅/徒歩10分
主な仏閣
種類 高野山真言宗
※掲載内容は予告なく変更される場合があります。詳細については事前に電話等でご確認ください。
戻る