テーマで探す
歴史・文化
自然
レジャー・スポーツ
体験・産業観光
フルーツ狩り
ロケ地
温泉
宿泊
グルメ・お土産
市町村で絞り込む


ワードで探す


沖田神社・道通宮 (おきたじんじゃ・どうつうぐう)

沖新田の開墾にゆかりの深い神、おきた姫と津田永忠を祀るお宮
概要 江戸時代に開墾された沖新田の産土神として建立され、1709(宝永6)年に現在地に遷宮した。
道通宮は高松城水攻めで有名な武将、清水宗治とゆかりが深く、1800(寛政12)年に子孫が当地に社殿を遷し、沖田神社の末社となった。開墾の際、潮止め工事を成功させようと人柱になった女性「キタ」が氏神として祀られており、干拓の功労者である津田永忠の像も建てられている。
毎年行われる子供会陽は、冬の風物詩として地域住民に親しまれている。
特徴
所在地 岡山県岡山市中区沖元411
TEL 086-277-0196
URL http://www.okita-shine.com/
アクセス 両備バス・西大寺行(沖元・津田経由)沖元から徒歩3分
主な神社
神名 (沖田神社)天照大御神、素戔嗚尊、軻遇槌命、倉稲魂命、句句廼智命、おきた姫
(道通宮)猿田彦命
※掲載内容は予告なく変更される場合があります。詳細については事前に電話等でご確認ください。
戻る