テーマで探す
歴史・文化
自然
レジャー・スポーツ
体験・産業観光
フルーツ狩り
ロケ地
温泉
宿泊
グルメ・お土産
市町村で絞り込む


ワードで探す


苫田ダム (とまだだむ)

国内初のラビリンス型自由越流頂を採用したダム
苫田ダム 堤体下流
概要 苫田ダム建設時の取り組み
☆ラビリンス型自由越流頂の採用(国内初)
☆鞁部ダムにCFRD工法を採用
☆引き貼りラジアルゲートの堤内設置(世界初)
☆ゼロ・エミッションダムの実現(直轄ダム初)
☆ダム骨材に河床材料を使用
☆グランドデザイン導入 など

ダム内には堤内見学室があり、見学室の窓から眺めると眼前に圧倒的な水の景観を見ることが出来ます。
(8:30〜17:00まで自由に入室できます)
特徴 河川名:吉井川水系吉井川
型式:重力式コンクリートダム
ゲート:ラビリンス型自由越流頂
    引貼りラジアルゲート×2門
    高圧ラジアルゲート×2門
    ジェットフローバブル×1条
堤高・堤頂長:74m・225m
総貯水容量:8,410万立方メートル
管理者:国土交通省
本体着工/完成年:1999/2005年

★ダムカードあり
所在地 岡山県苫田郡鏡野町久田下原1592-4
TEL 0868-52-2151
URL http://www.cgr.mlit.go.jp/tomata/aboutdam.html
アクセス 中国自動車道 院庄ICから車で約25分
(国道179号を倉吉方面へ15分。雲井山トンネルを抜けて、奥津湖総合案内所 みずの郷「奥津湖」前から湖岸道路で10分)
その他
補足 ●こだわり技術●
ラビリンス型(ジグザグ型)自由越流頂は、水路単位幅あたりの放流量が大きいという特徴を有しています。苫田ダムは非常用洪水吐きに、重力式コンクリートダムでは国内初のラビリンス型自由超流頂を採用しています。
その他 【ダムカード配布場所】
苫田ダム管理所
配布時間 9:00〜17:00 土日祝を含む

みずの郷「奥津湖」ない奥津湖総合案内所
岡山県苫田郡鏡野町久田下原1592-4
配布時間 9:00〜17:00(水曜除く)
※掲載内容は予告なく変更される場合があります。詳細については事前に電話等でご確認ください。
戻る