テーマで探す
歴史・文化
自然
レジャー・スポーツ
体験・産業観光
フルーツ狩り
ロケ地
温泉
宿泊
グルメ・お土産
市町村で絞り込む


ワードで探す


鰆(サワラ) (さわら)

サワラ
概要 春に産卵のために瀬戸内海に入り、冬に瀬戸内海から外海へ出て行きます。
お腹の幅が狭いことから「狭い腹」→サワラと呼ばれるようになったと言われています。
岡山では産卵のために瀬戸内海に入ってくる5月頃、真子や白子と一緒に食べる文化があります。
特徴 全国的な呼び方:サワラ
岡山での呼び方:サワラ、サゴシ(小型のもの)
体長;70〜100cm
主な料理:刺身、塩焼き、炒り焼き、真子の煮付け、白子のみそ汁、白子のオリーブオイル炒め
主に獲れる場所:備前市日生町、瀬戸内市牛窓町、岡山市、倉敷市、笠岡市
TEL 岡山県漁連086-262-4444
水産物
時期 4月中旬〜5月、10月〜2月
※掲載内容は予告なく変更される場合があります。詳細については事前に電話等でご確認ください。
戻る