テーマで探す
歴史・文化
自然
レジャー・スポーツ
体験・産業観光
フルーツ狩り
ロケ地
温泉
宿泊
グルメ・お土産
市町村で絞り込む


ワードで探す


造山古墳 (つくりやまこふん)

全国第4位の墳丘規模をもつ巨大古墳
造山古墳(全景)
概要 全国第4位の規模をも持つ5世紀前半の前方後円墳。
全長約360m、後円部径約224m、高さ約27〜32.5m。
三段築成。後円部墳頂には形象埴輪が、墳丘斜面の各段には大量の葺石と円筒埴輪列が認められる。
墳丘上まで上がれる全国最大の前方後円墳として知られる。6基の陪塚(ばいづか)があり、馬形帯鈎が出土した榊山古墳、直弧文が彫られた石障をもつ千足古墳が著名。
(第1・2・3・4・5・6古墳)
特徴
所在地 岡山県岡山市北区新庄下
TEL 岡山県教育庁文化財課 086-226-7601
史跡
指定 国指定
所有者 岡山市
※掲載内容は予告なく変更される場合があります。詳細については事前に電話等でご確認ください。
戻る