テーマで探す
歴史・文化
自然
レジャー・スポーツ
体験・産業観光
フルーツ狩り
ロケ地
温泉
宿泊
グルメ・お土産
市町村で絞り込む


ワードで探す


徳倉城跡 (とくらじょうあと)

概要 遠藤山の頂上にある山城で,本丸の石垣がよく保存されている。幾度か城主がかわって,最後は宇喜多氏の家臣である遠藤河内が城主を務めたが,関ヶ原の役後に廃城となった。
特徴
所在地 岡山県岡山市北区御津河内
TEL  
史跡
指定 県指定
所有者 岡山市
主な城と城跡
完成年月日 不明
指定 県指定S33
所有者 個人
種類 山城
その他 南北朝時代(14世紀中ごろ)には城があったことが「太平記」などに見える。山頂に現在残っている城跡は,松田氏の時代(16世紀)に造られたものと見られている。
※掲載内容は予告なく変更される場合があります。詳細については事前に電話等でご確認ください。
戻る