テーマで探す
歴史・文化
自然
レジャー・スポーツ
体験・産業観光
フルーツ狩り
ロケ地
温泉
宿泊
グルメ・お土産
市町村で絞り込む


ワードで探す


三成古墳 (さんなりこふん)

概要 昭和52年墓地造成工事中に発見され、53年に岡山県教育委員会が発掘調査をしました。
5世紀初頭頃の前方後方墳で全長35m、前方部と後方部にそれぞれ箱式石棺を持ち、そのどちらにも2体の被葬者がほとんど完全な形でうちちがいに葬られており、後方部からは径12cmのほう製変形四獣鏡、鉄剣、鉄斧等が出土しました。
この地方の首長級の古墳と考えられ、美作地方でも古い時代のものとして、国指定史跡となっています。
特徴
所在地 岡山県津山市中北下
TEL  
史跡
指定 国指定
所有者 津山市
※掲載内容は予告なく変更される場合があります。詳細については事前に電話等でご確認ください。
戻る