お知らせ

日本観光振興協会「令和2年度観光振興事業功労者」に瀬戸内市観光協会前会長・石田一成氏

日本観光振興協会では、地域の観光振興に特に顕著な功績があると認められる個人や団体を、観光振興事業功労者として毎年表彰を行っています。令和2年度は中国エリアから岡山県の瀬戸内市観光協会前会長・石田一成氏が受賞しました。

石田氏は、潮が引くと浮かび上がる瀬戸内の縁結びロード~黒島ヴィーナスロード~に着眼し積極的にPRするほか、デートスポット牛窓のイメージアップに取り組み、NPO法人地域活性化センターの「恋人の聖地」認定にも尽力しました。また、「せとうちフィルム・コミッション」を設立し、多くの映画・ドラマ・CM等を誘致したことでも、瀬戸内市の観光振興に多大な貢献をしました。

表彰式は、例年、東京で行われていますが、今年度は新型コロナウイルス感染症感染防止対策により中止になったため、6月29日(月)に岡山県観光連盟において、当連盟専務理事の野﨑正志より石田氏に表彰状と記念品を授与しました。
  • 日本観光振興協会「令和2年度観光振興事業功労者」に瀬戸内市観光協会前会長・石田一成氏

    表彰の様子

  • 日本観光振興協会「令和2年度観光振興事業功労者」に瀬戸内市観光協会前会長・石田一成氏

    令和2年度観光振興事業功労者 石田一成氏