あったか温泉とまち歩き!湯原温泉のオススメスポット7選

山に囲まれた歴史の深い温泉街、湯原温泉。足湯にグルメスポットに街のメインキャラクターであるオオサンショウウオの水族館…と、少し歩くだけで楽しい&おもしろスポットにたどり着きます。あったかい温泉とまち散歩で、体をポカポカにしちゃいましょう。
掲載日:2017年12月30日
  • ライター:藤田恵
  • 2981 ビュー

温泉番付で横綱にもなった名湯、「湯原温泉」

戦国時代、宇喜多秀家の母「おふくの方」の湯治場を開設したという記述が残っている湯原温泉。自噴する温泉が数多く存在し、古くから人々に利用されてきたそう。その泉質の良さから、昭和56年に「露天風呂番付」で西の横綱にランクされたこともあったとか!すごい!
今回はそんな「湯原温泉」にある、おすすめスポットを紹介します。

①はんざきセンター

国指定天然記念物の「オオサンショウウオ」。岡山県では「はんざき」と呼ばれ親しまれています。主に真庭市北部が生息域に指定されていて、湯原温泉に流れる美しい川にも多数生息。このセンターで保護と飼育を行っています。
ちなみにはんざきの名前の由来は「体が半分にさけても死なない生命力がある」と伝えられていたから。思っていたよりヘビーな名前ですね…。
住所:岡山県真庭市豊栄1530
電話番号:0867-62-2011

②はんざき山車

この圧倒的存在感!はんざきセンターの敷地内に飾られている、巨大な「はんざき山車」。毎年8月8日、華やかな道中囃子とともに、このはんざき山車も湯原温泉街を練り歩くんですって。それにしても、すごい迫力です。

③はんざき足湯でほっこり

はんざきセンターを出て、温泉街目指して北へと歩いていくと、早速足湯が登場。しかもはんざき君が隣で見守っていてくれる親切設計。緑を眺め、川のせせらぎを聞きながら入る足湯は疲れがとれますね〜。

④さらに足湯があちこちに

はんざき足湯以外にも、計5ヶ所の足湯があるのが湯原温泉のすごいところ。中には「手湯」といって、足と同時に手をひたすことができるスポットも。散策途中に靴を脱いで、ちょっとひとっ風呂。全部回ってみたいですね。

⑤「喫茶サボテン」で一息

懐かしくてほっこりする、昔ながらの喫茶店「サボテン」があります。ログハウス風のあたたかみのある建物の中に入ると、穏やかな笑顔のマスターがお出迎え。ホットケーキやナポリタン、ミックスジュースを頼めばタイムスリップ!
住所:岡山県真庭市湯原温泉135-3
電話番号:0867-62-2644

⑥温泉の顔「砂湯」

湯原温泉といえばここ!湯原ダムの足元で湧く温泉を岩で囲い、24時間入れる巨大な無料露天風呂として開放している砂湯です。川底から砂を噴きながら温泉が湧いていることから砂湯と呼ばれるようになったんだとか。
男女混浴なので、女性用のかわいい湯浴み着「はんざきちゃん湯浴み着」が開発されるなど、時代に合わせたチャレンジも楽しい。

⑦素敵なお宿が目白押し

そして、夜の楽しみは天然温泉付きのお宿。
今回私が泊まったのは、砂湯のお隣という贅沢なお宿、「八景」です。外観から雰囲気バツグン!
お宿にある露天風呂も、もちろん最高でした。
湯原温泉には他にも、赤ちゃんも歓迎、カップルにおすすめ、愛犬と泊まれる…などなど、いろんなニーズに合った宿があるので、ぜひチェックしてみてください。
ランキング  1 Week
テーマ
市町村
ライター紹介

同じテーマの記事

このライターの記事