親子で楽しいイベントたくさん!岡山県自然保護センターはワクワクの宝庫

タンチョウの飼育で有名な岡山県自然保護センター。約100haもの広大な敷地には様々な野生の動植物が生息しており、季節ごとに違った表情を見せてくれます。さらに、土日や祝日は親子で楽しめるイベントが盛りだくさん。入場料無料というありがたさで、ゴールデンウィークのお出掛けにもピッタリ!
掲載日:2018年05月01日
  • ライター:藤田恵
  • 1969 ビュー

タンチョウだけじゃない!自然いっぱい、動植物たちの楽園

和気町の山の中、東京ドーム20個以上の広大な敷地を持つ岡山県自然保護センター。自然とふれあい、全身でその不思議さ・面白さを感じて、もっと自然のことが好きになれるワクワクが詰まった施設です。
タンチョウの飼育施設をはじめ、湿生植物園、野鳥観察施設や展示室・図書館などを兼ね備えたセンター棟を整備。季節によって異なる花や緑、生物たちに出会えるセンターは、何回でも行きたくなります。特に、感受性豊かな子どもたちを連れて行ってあげたい場所!

階段を上ると、ヤマセミさんがウエルカム

駐車場に車を停めて、センター棟まで700mほどテクテク歩きます。春なら藤や椿、ツツジなど、色とりどりの花々と豊かな緑、可愛らしい鳥の声で、すでに道中も楽しい!
長い階段を上り、ふと門柱を見ると門番(?)のヤマセミさんがお出迎え。思わずクスッと笑ってしまいます。

高原リゾートみたい!爽やかなエントランス広場

階段を上りきると、目の前に広がる穏やかな湖と新緑の織りなすナイスビュー!どこか高原の避暑地を思わせる「エントランス広場」でホッと一息。ここでは、自然に囲まれたヨガ教室を行うこともあるそうですよ。

マップ片手に花めぐり

道の両脇には、名札を付けられた植物たちがいっぱい。センター棟でもらえる「みつけろーどまっぷ」を片手に、いろんな花を見ながら、のんびり歩きましょう。ボランティアさんが作られた施設案内&季節ごとに見られる動植物のガイドマップは、見やすくてとっても便利。見つけた動植物はチェックをつけてみて。

謎の木の壁が出現!?その正体は…

上池に面した場所に現れる、この木の壁。実は人間の姿を鳥に見せないようにしながら、間の窓から水鳥たちの様子が観察できる優れもの。自然と人間が、無理なく関われるようになっているんですね。

うっとり!雅なタンチョウたちが池のほとりに

センター棟の少し手前には、お待ちかね、タンチョウの飼育施設です。
取材時はちょうど鳥インフルエンザ対策を終えて、上池放飼場でお散歩するタンチョウ夫婦の姿を見ることができました。ふわっと羽を広げて嬉しそうに歩き回る姿は本当に愛らしく、いつまでも見ていられそう。
飼育員さんが2人がかりで写真を撮りまくる姿から愛が溢れていて、心が和みました。
現在、約40羽ものタンチョウを飼育していおり、実は日本で一番大きな施設なんです。
岡山藩の池田光政公の頃から岡山県と関係が深く、国の天然記念物に指定されているとても珍しい鳥が、こんなに見られるのは大変貴重。昨年6月に生まれた「ワケタン」の姿も見られるかも!?
(写真提供=岡山県自然保護センター)

企画展目白押しのセンター棟

センター棟には、野生生物たちの生態が楽しみながら学べる設備がいっぱい。特に、職員さんたちが趣向を凝らして実施する企画展は必見。
取材時は2018年5月6日まで行われている「大恐竜展in岡山県自然保護センター」の最中。恐竜の頭蓋骨のレプリカや、触ってOKな本物のアンモナイトなど、恐竜好きもそうでなくても大興奮な内容でした。
今後の展示案内は公式サイトをチェックして。
センター棟は、ただ見るだけじゃなく、実際に手を動かして学べる仕組みがたくさんあって嬉しいところ。
恐竜展では塗り絵コーナーがあって、優秀な作品の作者には、何か良い品がプレゼントされるとか。これは誰しも本気になりますよね。子どもたちのハート、がっちり掴まれています。

広報担当の山田さんにお話を聞きました

「岡山県自然保護センターは、自然の維持や調査だけでなく、僕達が築いてきた知識をもって、”自然の不思議さ”や”美しさ”を子どもたちに伝えたいと考えています」と、自然に関わる仕事を続けて26年という、超ベテラン職員の山田哲弘さん。
土日や祝日を中心に行われる親子向けのイベント(5月は忍者や謎解きなどイベントが豊富なので、公式サイトをチェック!)や企画展の作りにも携わり、親子の心をくすぐりながら、自然と人をあたたかく見守っています。
では山田さん、今のインスタ映えスポットを教えてくれませんか?

インスタ映えスポットはこのお花

山田さんが教えてくれたのは、「サクラソウ」。春になると、湿生植物園エリアに咲く、鮮やかなピンク色が可憐なお花です。まるで桜のような花弁と、緑とのコントラストがまたキレイ!
この他にも、岡山県自然保護センターには、心が潤う美しい花々がたくさん。ぜひ直接その目で見て、香りを楽しみ、全身で自然を堪能してください。
マップを見る
ランキング  1 Week
テーマ
市町村
ライター紹介

同じテーマの記事

このライターの記事