新しいヒト・お店・試みが次々と!備前市の注目スポット&イベント

新しいパン屋さんにコーヒー屋さん、そしてパパイヤ農園!?移住者が増え、どんどん盛り上がりを見せる備前市の人・コト・店。新しくて美味しい買い物と、2018年秋に初登場のイベントを楽しみに、ぜひおいでください。
掲載日:2018年09月19日
  • ライター:藤田恵
  • 1152 ビュー

おもしろい人達が、どんどん移住中の備前市

気候がよく、自然と都会のバランスもよく…と移住者に人気の岡山県。豊かな自然の中、穏やかな暮らしをしてほしいと、備前市でも積極的に移住者を受け入れています。
最近では、個性あふれる移住者の方々がスタートしたお店や農園が生まれており注目の的。今行ってほしいスポット、2018年秋に楽しめる備前市のイベントを紹介します。

①メカラウロコパンヤ

2018年9月にオープンしたばかりのパン屋さん。もともと、センロカフェというカフェがあったお店を改装してスタートされました。オープン当日はSNSで情報を得た若者や、チラシを持った地元のおじいちゃん・おばあちゃんで大にぎわい。
お店の顔である食パンのキャラクターが描かれたチーズパンや、満足感のあるカレーパンなど惣菜パンはもちろん、またクリームパンやシナモンロール、揚げドーナツなどのおやつパンもいっぱい。
少し小ぶりで、ふわっふわの食感。一口食べてば思わず笑顔になる、優しいおいしさのパンたちです。
普段ハード系を選ぶ私ですが、ここのふわふわ食感にはハートを射抜かれました。何個でも食べられそう…!

②自家焙煎工房 さとごころ

山と田んぼに囲まれた古民家で、自家焙煎のコーヒー豆を販売している「さとごころ」。神奈川県から越してきた寺越さんが、自然との暮らしを楽しみながら営んでいます。
評価の高い小規模農園から収穫されるニュークロップの豆を仕入れ、その中から形の良いものを一つひとつハンドピック。
注文を聞いてからその場で焙煎して見せてくれる(!)ので、最高に新鮮なコーヒー豆を買うことができるのが嬉しい限りです。
備前焼のカップでコーヒーをいただきながら待つのも贅沢な時間。焙煎機から豆の香ばしい匂いが立ち上り、とっても幸せな気分に。
焙煎は、豆の個性をギリギリまで生かした中深煎り。コクと深みをしっかり引き出しつつ、酸味を抑えた味わいで毎日たっぷり飲みたくなるほど。近々カフェもオープンされるとのことで、期待が高まります。
他ではなかなか手に入らない貴重な豆の種類は、ぜひwebサイトでチェックして。また、オープンしている日はフェイスブックで事前に確認の上で訪問してくださいね。

③若き思いが実る、パパイヤ農園

「パパイヤって南国のフルーツじゃないの!?」そう驚く人も多いのでは?(私はそうでした)
実は備前市の久々井というこちらも移住者に人気のエリアで、耕作放棄地を再生し、パパイヤ・稲などをほぼ一人で育てているツワモノ、川崎真和さん(25)がいるんです!
地域おこし協力隊として備前市に入り、任期を終えた川崎さん。ゆくゆくは全国各地に農園を作って、いろんな場所を拠点に暮らしたいという思いで、まずは久々井に農園を構えました。
パパイヤはイノシシやシカからはあまり食害を受けず、獣害に悩む山村でも比較的育てやすいんだとか。撮影した2018年9月ではまだ膝丈ほどですが、11月にかけて2mもの高さにグングン成長するんですって!
そんなパパイヤの実を使った商品がこちら。パッケージがキュートな、パパイヤ玄米茶とパパイヤジャムです。
パパイヤに含まれるポリフェノールは、なんと赤ワインの7.5倍にもなり、健康志向の人たちから注目を浴びています。
また、育てたお米の方は、備前市の企業さんと協力してお菓子作りや料理に使える米粉「美膳米粉」として加工・販売もしていくんですって。これらの商品はJR備前片上駅、備前市観光協会、JR伊部駅1階などで販売中です。
農園では今後、子ども向けのパパイヤ収穫体験や田植え体験などを行いたい…と夢いっぱい。応援したくなりますね。

④オクトーバーフェスト in BIZEN 備前焼&ビール祭り

2018年10月6日(土)、7日(日)、備前市で初のビールイベントが吉永町の「レ・マーニ」(吉永町岩崎741)で開催されます。
三石耐火煉瓦ビールやkoti breweryといった備前市で製造されているクラフトビールをはじめ、約10店舗ものドリンク&フードのお店が並びます。
入場料の500円を支払った後、3000円で500円×6枚のビールチケットを購入し、お目当てのビールや料理と引き換えながら楽しむシステム。備前焼のビアジョッキを購入してビールを飲めば、そのクリーミーかつ豊かな風味に驚くはず!

⑤セラミックアートビゼン in 閑谷【イベント】

備前市の秋といえばおなじみ、備前焼まつり。2018年は10月20日(土)・21日(日)に開催されます。
さらに同日、日本遺産「旧閑谷学校」を舞台に国際的なアートイベントの開催が決定しました。その名も、「セラミックアートビゼンin閑谷」。イギリスをはじめとする国内外のアーティストが、作品の展示・販売・ワークショップなどを実施。備前焼の新たな可能性を見つけるため、フラワーアレンジメントやイングリッシュガーデンなどとコラボ。
伝統に革新をー。若手備前焼作家が仕掛ける新しい試みを、肌で感じてください。
伊部の街中への無料シャトルバスの送迎もあるので、両会場をハシゴ観光するのがオススメ!

⑥そして第36回備前焼まつりへGO!

上記で書いた通り、10月20日(土)・21日(日)は備前焼まつり。岡山の備前焼作家が一同に会し、展示・販売。全国から器好きが訪れて、自分だけの掘り出し物を探して回る一大イベントです。
備前焼福袋やろくろ実演&ろくろチャレンジ、お茶席に抽選会にライブ…さらには映画化が決定した「ハルカの陶」の撮影が21日(日)に行われるとかで、俳優の笹野高史氏が登場するそう。
もしよろしければ絶対に!来て!ください!!!(必死)
マップを見る
ランキング  1 Week
テーマ
市町村
ライター紹介

このライターの記事