瀬戸内の大自然を贅沢に。せとうちグランピングでGoToリゾート!

JR西日本の「せとうちパレットプロジェクト」の一環として、JR西日本と鷲羽山下電ホテルが、瀬戸内海を存分に満喫できるドームテントを2基、ホテル敷地内にオープンしました。
瀬戸内海国立公園の「特別景勝地区」の豊かな自然に囲まれ、瀬戸大橋と瀬戸内の多島美を目前に臨む最高のロケーションです。

テントの中は、ベッドとソファがあり、エアコンやWi-Fiも完備され、テントの外には、海を眺めながらくつろげるソファとテーブルもあります。ホテルの大浴場やお手洗いを利用でき、ホテル気分でキャンプを楽しめます。瀬戸大橋を下から眺めることができるクルージングや無人島での夕日観賞、バーベキューや焚火体験、浜辺での朝ヨガなど3蜜を避けた空間でリゾートキャンプを楽しむという、新しい旅のスタイルを体験してきました。
掲載日:2020年11月02日
  • ライター:高杉郁子
  • 1419 ビュー

鷲羽山下電ホテルに到着

JR岡山駅からマリンライナーに乗り、JR児島駅で降りて、バスに乗り換え「鷲羽山下電ホテル」に着きました。
ホテルの玄関を入るなり、目の前に開けた瀬戸内海と瀬戸大橋の美しい風景が目に飛び込んできます。ホテルの部屋は、全室オーシャンビューで、浜辺がすぐ下に広がっています。
所在地:倉敷市大畠1666-2
TEL:086-479-7111

せとうちグランピングクルーズ

さっそく目の前の桟橋からクルーザーに乗り、「せとうちグランピングクルーズ」に出発しました。救命胴衣を着ければ、デッキ部分で波しぶきと風を感じながら瀬戸内海の風景を楽しめます。
車で​瀬戸大橋を渡ったり、王子が岳から瀬戸大橋を眺めたことはありますが、海から橋の真下を眺めたのは初めてでした。瀬戸大橋の大きさと重厚感は圧巻でした。

海からの瀬戸大橋

クルーザーはスピード感があるので海風がとても心地よかったです。スカートはあまりお勧めできません 笑。

無人島「釜島」

ホテルのスタッフさんが先に行って待っていてくださる無人島「釜島」にクルーザーで行きました。浜辺には、ハンモックとパラソルがあり、それだけでも十分絵になりますが、ホテルのスタッフさんが用意してくださるワインやソフトドリンクを頂きながら、海のかなたに沈んでいく夕日を楽しみました。

フィッシング体験

ゆっくり日が沈むまでの間、フィッシング体験もできます。島なので、餌をつけて竿を投げればすぐに魚が引っかかってきます。餌はアミエビでした。この日は、フグやサヨリが釣れていました。波打ち際では魚がよく跳ねているので、網があれば捕まえれそうな感じがしました。

夕焼けとシーガラス

ゆっくりと日が沈むまでの間、浜辺でシーガラスを拾いました。無人島なだけあって、きれいなシーガラスがたくさん拾えます。

絶景の夕焼け

ハンモックで、真正面に沈む夕焼けのためだけに時間を過ごせるのは、とても贅沢な時間でした。間違いなく絶景です!!

ドームテント

目の前は、瀬戸内海の浜辺という立地の「凪エリア」に、ドームテントが2基設置されています。(約30平方メートル)テントの中には、ダブルベッドが2台とソファがあり、大人4人まで泊まれます。Wi-Fiも冷暖房も完備されていて、ホテルのお部屋のようです。部屋から海が眺めれるように、窓は透け素材になっています。ティーセットは、備前焼で揃えられていておしゃれです。お風呂とお手洗いは、ホテルの大浴場とお手洗いを利用でき、宿泊は、ドームテントかホテルか選べれるようになっています。

波の音が癒しのテラス

ドームテントの外は、食事用のダイニングテーブルセットとソファと机が設置されていて、潮風を感じながら、波の音がBGMという贅沢な環境です。適度に伐採されていて、木漏れ日が入るように手入れが行き届いています。

夜のドームテント

夜になると、ランプが灯され、幻想的な雰囲気の中、波の音が聞こえてきて、とても素敵な雰囲気でした。

浜辺のバーベキューエリア

ドーム型テントに宿泊しながら、浜辺でバーベキューもできます。

夕食はバーベキュー

このバーベキューは、料理研究家の大原千鶴さんの監修で、瀬戸内海で採れたタコやサワラ、岡山県産のステーキやチキン、岡山県ならではの黄ニラのムニエル、ままかりののったバラ寿司など食べきれない量のボリュームでお腹いっぱいになりました。どれもおいしかったですが、中でもサワラは、新鮮で柔らかい身が食欲をそそりました。

さっそく焼いてみました

バーベキューの網のスペースは広いので、たくさん置いても大丈夫です。野菜は気をつけないと黒焦げになってしまうので注意です。

いただきます!!

焼き立てを海のさざなみの音を聞きながら頂きました。ボリューム感たっぷりです。
素材の味が伝わり、とても美味しかったです。

食後はバーベキューならではのデザート

デザートは、マシュマロとチョコを炭火で焼いて楽しむスモアセット、焼きバナナ、プレートで焼く焼きリンゴのぶどう添えでした。

食後の焚火鑑賞

夕食を食べ終わるころには、気温も下がって冷えてきました。お腹いっぱいの状態でしたが、焚火の炎を見ながらくつろぐ時間でリフレッシュできました。

翌朝、海辺でビーチヨガ体験

朝は、朝食前に、ドームテント前のビーチで絶景の瀬戸大橋を見据えながら、約30分の朝ヨガをしました。波の音をBGMに、朝日の光を瞼で感じながらするヨガは心が落ち着きます。
こちらの朝ヨガは、インストラクターさんはいないので、ヨガマットと本を貸してもらってします。海辺の朝ヨガがこんなにも気持ちいいものとは思いませんでした。かなりおすすめです。

朝食(洋風ブレックファースト)

ビーチヨガの後、昨晩のバーベキューセットで朝食を作ります。ベーコンやレタス、トマトなどをふんだんに挟んで焼きました。

美味しく焼けました!!

あっという間に焼きあがりました。焼き立ての美味しいこと。朝日を浴びながらの朝食で、身体と脳のスイッチが入りました。

setowaで楽しむ

スマートフォンにアプリ「setowa」をいれておくと、お得な周遊券で児島を巡ったり、広島県まで足を延ばすことも可能です。
瀬戸内海の自然をグランピングで楽しんで、観光もお得に楽しめるせとうちグランピングがおすすめです。
マップを見る

同じテーマの記事

このライターの記事