HOME特集瀬戸内時間>日生【備前市】牡蠣とアマモの海が育む豊かな海の幸

日生【備前市】牡蠣とアマモの海が育む豊かな海の幸

なんといっても魚が自慢。都会から何時間もかけて食べに来られますよ。
日生案内人
備前観光協会
船橋美可さん
観光や食の魅力を県内外にPRし日生の町おこしに貢献。休日の趣味は、自家用船での海釣り。
エリア紹介
漁港と魚市場、多数の活魚料理店が並ぶ
「魚の町」。日生は牡蠣の養殖が盛んで、
地元漁師を中心とした海洋保護活動も
注目されています。

こんな人にオススメ→ファミリー、グループ

牡蠣いかだ。ひとつひとつ人の手で吊るされています

牡蠣いかだ。ひとつひとつ人の手で吊るされています

牡蠣の種付け

牡蠣の種付け

海のゆりかご、アマモ

海のゆりかご、アマモ

備前♡日生大橋から見た牡蠣いかだ

備前♡日生大橋から見た牡蠣いかだ

日生諸島

昔は魚が獲れなくなった時期もあったけど、地元の漁師さんたちが
20年かけてアマモの種まきをしながら豊かな「里海」に育て上げたんです。
牡蠣の海水浄化と合わせて、びっくりするくらい海がきれいになりましたよ。

大多府島(六角大井戸、元禄防波堤、燈籠堂、勘三郎洞窟)

一度も枯れたことがないといわれる、六角大井戸

一度も枯れたことがないといわれる、六角大井戸

元禄防波堤

元禄防波堤

燈籠堂(昭和61年復元)

燈籠堂(昭和61年復元)

勘三郎洞窟

勘三郎洞窟

大多府島

かつて参勤交代の船の「風待ち」場として、港や役所が置かれた大多府島。
船に水を補給するための大井戸や、木造の灯台など、歴史を感じる史跡が残っています。
島の南側は早い潮流に浸食され、瀬戸内の中では珍しく荒々しい景勝が印象的。

大多府島(かぜまち、宮の下海水浴場)

民家のような宿泊施設「ふれあいの館 かぜまち」

民家のような宿泊施設「ふれあいの館 かぜまち」

かぜまち室内

かぜまち室内

宮の下海水浴場

宮の下海水浴場

休憩案内所、加子番所

休憩案内所、加子番所

かぜまち宮の下海水浴場

南側とは対照的に、港のある島の北側はなんとも穏やかな雰囲気。
海水浴場はほとんどプライベートビーチ!「かぜまち」は自炊の宿泊所で、
1週間とか長期滞在される県外の方が多いです。なにもないから、本当にのんびりできますよ。

みなとの見える丘公園

日生諸島を眺めながら、幸福の鐘を鳴らして

日生諸島を眺めながら、幸福の鐘を鳴らして

2015年春に開通した備前♡日生大橋

2015年春に開通した備前♡日生大橋

牡蠣いかだの浮かぶ海

牡蠣いかだの浮かぶ海

眼下に望む日生の町並み

眼下に望む日生の町並み

みなとの見える丘公園

日生の海と町が一望できる展望台。牡蠣いかだの浮かぶ瀬戸内らしい海の姿や、
わずかな平地にびっしりと家が立ち並ぶ町の様子がよく見えます。
建設中の「備前♡日生大橋」は2015年春に完成予定。鹿久居島・頭島まで橋でつながります。

夕立受山

夕立受山からの眺め。岡山ブルーライン片上大橋が見えます

夕立受山からの眺め。岡山ブルーライン片上大橋が見えます

瀬戸内海国立公園に指定

瀬戸内海国立公園に指定

山頂の展望台

山頂の展望台

入江と島々の風景

入江と島々の風景

夕立受山

一帯は瀬戸内海国立公園特別地域に指定され、景観が保持されています。
駐車場の先の遊歩道は、片道15分ほどの山歩きコース。
日生諸島を一望する展望台や見晴らしポイントをたどりながら、気持ちよく歩けますよ。

鱧料理、アナゴ料理

初夏に旬を迎えるハモ。湯引きや焼霜造りで

初夏に旬を迎えるハモ。湯引きや焼霜造りで

ハモの握り3種

ハモの握り3種

アナゴの刺身

アナゴの刺身

アナゴの湯引き

アナゴの湯引き

鱧料理、アナゴ料理

なんといっても日生は魚!揚がった魚がその日のうちに店で食べられるのは、
市場のある町だからこそ。京阪神など県外からのお客さまも本当に多いですね。
いつ来ても季節の旬の魚があるのがいいね。夏からは特にハモとアナゴがうまいよ〜。
取材協力:鹿久居荘(鱧料理)すし秀吉(アナゴ料理)

五味の市

五味の市。漁師のおかみさんとの会話も楽しい

五味の市。漁師のおかみさんとの会話も楽しい

安くて品ぞろえ豊富

安くて品ぞろえ豊富

鮮度抜群の旬の魚

鮮度抜群の旬の魚

買い物は午前中がおすすめ

買い物は午前中がおすすめ

五味の市

漁師のおかみさんたちの威勢のいい売り声が響き、市場好きにはたまらない活気。
ぜひいろんな会話をしながらお買い物を楽しんでほしいですね。
行くなら朝9〜10時ごろが狙い目!獲れたてがどんどん並ぶ時間です。

日生の魅力はおいしい鮮魚ときれいな海、それから人のあたたかさ。日生にお越しの際はぜひ「サンバース」(観光情報センター)にもお立ち寄りくださいね。

備前市・日生エリアの宿泊プランはこちら

日生までのアクセス
車:岡山市中心部から約60分
JR:JR岡山駅から赤穂線でJR日生駅まで約55分
〜みんなで書き込む日生情報〜体験談や地元ネタをお寄せください

※書き込みの内容が、誹謗中傷や公序良俗に反するものと判断した場合は、本機能を削除することがあります。

ページトップへ戻る

瀬戸内時間サイドメニュー

  • 日生
  • 牛窓
  • 犬島
  • 玉野
  • 児島
  • 寄島
  • 笠岡
  • エリアマップ
  • 瀬戸内時間トップ
  • 日生
  • 牛窓
  • 犬島
  • 玉野
  • 児島
  • 寄島
  • 笠岡
  • エリアマップ