HOME特集>ホタル特集

ホタル特集2017
自然に恵まれた岡山には、とっておきのホタルの観賞スポットがたくさんあります。
ホタルが観賞できるスポットやイベント、ホタル観賞付きの宿泊プランなどをご紹介。
はかなくも美しい、初夏の幻想的な宴をお楽しみください。
ホタル観賞スポット
市町村 スポット 種類 見頃 場所/お問合せ先
岡山市 大井トンネル付近 ゲンジボタル 5月下旬〜6月中旬 岡山市北区大井/
足守観光協会 086-295-1837
ほたる橋〜ほたる沢付近 ゲンジボタル 6月上旬〜6月中旬 岡山市北区建部町田地子/
たけべの森公園管理事務所 0867-22-3111
大野のホタル ゲンジボタル 6月上旬〜6月下旬 岡山市北区御津虎倉/
岡山市御津支所産業建設課 0867-24-1114
倉敷市 蛍遊の水辺・由加 ゲンジボタル
ヘイケボタル
ヒメボタル
5月下旬〜6月中旬 倉敷市児島由加/
倉敷市児島支所産業課 086-473-1115
真備美しい森 ゲンジボタル 6月上旬〜6月中旬 倉敷市真備町市場1647/
真備美しい森ビジターセンター 0866-97-0660
津山市 トンボの里付近 ゲンジボタル
ヘイケボタル
6月上旬〜6月下旬 津山市宮部上/
津山市久米支所市民生活課 0868-57-2936
高梁市 福地(しろち)ホタルの里 ゲンジボタル 6月上旬〜6月中旬 高梁市落合町福地/高梁市観光協会 0866-21-0461
中井町ホタル公園 ゲンジボタル
ヘイケボタル
6月上旬〜6月下旬 高梁市中井町西方湯の平/
高梁市中井地域市民センター 0866-28-2001
新見市 天王八幡神社
金ボタル発生地
ヒメボタル 7月上旬〜7月中旬 新見市哲多町蚊家/
新見市哲多支局市民福祉課 0867-96-2112
真庭市 備中鐘乳穴 ヒメボタル 6月下旬〜7月上旬 真庭市上水田8854-1/
北房鐘乳洞観光(株) 0866-52-2962
北房ほたる公園 ゲンジボタル 6月上旬〜6月下旬 真庭市下呰部/
真庭市北房支局総務振興課 0866-52-2111
津黒川河川公園 ゲンジボタル
ヘイケボタル
6月中旬〜7月上旬 岡山県真庭市蒜山下和/
津黒いきものふれあいの里 0867-67-7011
美作市 大谷川河川公園 ゲンジボタル
ヘイケボタル
6月上旬〜6月下旬 美作市湯郷/
湯郷温泉観光協会 0868-72-0374
海田ホタルの里 ゲンジボタル
ヘイケボタル
5月下旬〜6月中旬 美作市海田・海田川/
美作市商工観光課 0868-72-1111
美作市 長谷内地区 ゲンジボタル
ヘイケボタル
6月上旬〜7月上旬 美作市長谷内/
美作市勝田総合支所業務管理課 0868-77-1111
河会川上流 ゲンジボタル
ヘイケボタル
6月上旬〜6月中旬 美作市北・河会川上流河会コミュニティハウス周辺/
美作市英田総合支所業務管理課 0868-74-3111
美作市 馬形地区 ゲンジボタル
ヘイケボタル
5月下旬〜6月中旬 美作市馬形/
美作市勝田総合支所業務管理課 0868-77-1111
武蔵の里 ゲンジボタル
ヘイケボタル
6月上旬〜6月下旬 美作市宮本 宮本川周辺/
武蔵の里 五輪坊 0868-78-4600
矢掛町 宇内ホタル公園
※無料バス運行
ゲンジボタル 6月上旬〜6月中旬 小田郡矢掛町宇内/
矢掛町役場産業観光課 0866-82-1016
鏡野町 郷の源氏蛍発生地 ゲンジボタル 6月上旬〜6月中旬 苫田郡鏡野町薪森原/
鏡野町役場産業振興課 0868-54-2987
美咲町 大山川・見返りの滝 ゲンジボタル 5月下旬〜6月中旬 久米郡美咲町江与味大山/
美咲町旭総合支所 0867-27-3116

宇内ホタル見学無料送迎バス運行 湯原温泉発・北房ほたるバス

(宿泊者限定)

【運行日】5月28日(日)〜6月6日(火)
【時間】
(行き)井原線矢掛駅発19:00 ※20:10
    井原線小田駅発 19:30 ※20:30
(帰り)ホタル公園発20:50 ※21:40
※のバスは6月3日(土)4日(日)のみ増便運行
雨天の場合は、運休することがあります。
【お問い合わせ】
矢掛町役場 産業観光課 0866-82-1016
【運行日】6月10日(土)11日(日)17日(土)18日(日)
【時間】
(行き)湯原温泉発 19:50 1時間程度見学
(帰り)湯原温泉着 22:00
※雨天中止
※宿泊者限定、当日18:00までに要予約
【お問い合わせ】
湯原温泉旅館協同組合 0867-62-3024

より大きな地図で ホタル観賞スポット を表示

ホタル観賞のマナー&豆知識
ホタル観賞のマナー1 ホタルをつかまえないで
ホタルを持ち帰ってしまうと、数が急減し翌年にホタルを見られなくなることもあります。ホタルは、「捕まえない」「持ち帰らない」が、マナーです。
ホタル観賞のマナー2 静かに鑑賞しましょう
ホタルは静かなところを好みます。騒がしくするとすぐ逃げてしまいますので、静かに観賞しましょう。
ホタル観賞のマナー3 明かりをつけないで
ホタルは明るい場所が苦手な生き物です。目的地に着いたら、車のライト・懐中電灯などは消しましょう。
ホタル観賞のマナー4 ゴミは持ち帰りましょう
ホタルは水のきれいな場所にしか生息しません。生息地を荒らさないようゴミなどは必ず持ち帰りましょう。
一般的に、蒸し暑く、無風で月明かりのない暗い夜に多く飛び回る。午後7時半ごろから少しずつ光り始め、午後8時から9時ごろがピーク。午後9時を過ぎると数が減る。
ゲンジボタル
オス15mm メス20mm
主に河川(淡水)に生息
日本で通常見られるホタルの中で最も大きい。5〜7月にかけて流水のある所でよく見られる。発光は強く、気温・地域により発光の間隔が異なり、オスは1〜6秒間隔で光る。
ヘイケボタル
オス10mm メス12mm
主に水田・池(止水)に生息
全体的に丸く、大きさだけではヒメボタルと区別がつきにくい。6〜9月にかけて、川や田でよくみられる。発光はあまり強くなく、揺れるような光を出しながら飛ぶのが特徴。

ヒメボタル
オス9mm メス7.5mm
主に陸(山林)に生息
姿や大きさはヘイケボタルとよく似ており、5〜6月の間、林や森でよく見られる。上記のホタルと異なり、水が全くない場所でも見られ、短い間隔でフラッシュのように光る。