ロケ地

条件を指定して探す
開催日
カテゴリ
エリア
こだわり条件
現在地からの距離
所要時間
検索する
  • 2022年5月
           
  • 2022年6月
         
       
  • 2022年7月
             
               
  • 2022年8月
     
         
  • 2022年9月
           
     
  • 2022年10月
               
             
  • 2022年11月
       
         
  • 2022年12月
           
  • 2023年1月
           
  • 2023年2月
         
           
  • 2023年3月
         
     
  • 2023年4月
               
               
現在の検索条件:
  • 建物×

岡山市中心部にある廃校

明治20年に開校し、平成13年に閉校した小学校です。校庭内には国指定の重要文化財が残っています。 校舎、体育館ともさまざまなイベントに活用されています。

美しい夜景が展望出来るお奨めスポット

遙照山には、京都大学岡山天文台や岡山天文博物館があります。 「晴れの国」岡山の中でも晴天率が高く、天体観測に適した場所のため、アジア最大級の最新鋭3.8m望遠鏡「せいめい」が設置されています。 また、遥照山総合公…

小さな町の小さな役場

 岡山県で2番目に小さい里庄町役場の庁舎です。里庄町は平成の大合併でも合併をしておらず、全国でも少なくなった「小さな町役場」の姿が残っています。

路面電車とレトロな景色を見渡せる公園

JR岡山駅前から東山ゆき路面電車に乗って、終着駅の「東山」で降りたら、目の前にある坂の上が東山公園。公園の中には噴水や広いグラウンドや遊具があります。この公園へ登る石段の階段を上がり、振り返ると昭和の雰囲気が残る…

旭川の水辺にたたずむモダニズム建築

岡山県本庁舎は、世界的建築家ル・コルビュジエに師事した日本近代建築の旗手である前川國男氏が手がけた初の庁舎建築。 本館は全面がスチールサッシュのカーテンウォールで覆われ、打放しコンクリートの柱梁と調和した、力強…

懐かしくて楽しい駄菓子や縁日品の品ぞろえは圧巻

売り場面積約1,000㎡に駄菓子や縁日品が所狭しに並べられている日本一のだがし売り場。 昭和の駄菓子屋を再現した店舗も屋内にある。

歴史と文化が融け合う美しいキャンパス

岡山大学は1949年に開学した国立総合大学で、その源流をたどると約150年の長い歴史があります。津島キャンパスはJR岡山駅から車で7分という市街地にありながら、約64万平方キロメートルもの広大な敷地を有し、四季折…

モダン漂う木造校舎。懐かしい時代にタイムスリップ!

明治40年落成の小学校。洋風を模した重厚な木造建築で、平成11年5月に国の重要文化財に指定されました。 完全なシンメトリー(左右対称)のデザイン。檜材を使い、二重折り上げで仕上げた洋風の格(ごう)天井、幅広の回遊…

昭和レトロな町並みの一角にあるコミュニティ&レンタルスペース

空き家を改修した誰でも気軽に使えるコミュニティ&レンタルスペース。施設の活用方法は、利用者次第。カフェ営業、ワークショップ、勉強会など何でもOK。古民家のようなレトロな雰囲気で大谷のノスタルジックな町並に溶け込み…

省エネ性、快適性、意匠性に優れたオフィスビル

中電工は、電気・空調・給排水・情報通信などの設計・施工・管理・提案をする総合設備エンジニアリング企業です。 新築された岡山統括支社は、ZEB(ゼブ:ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)化事業として、これからの建築物…

大正レトロとモダニズムが融合した建築

大正11年に竣工した、旧日本銀行岡山支店を改修し、多目的ホールとして再生されている。華麗な柱頭飾りを持つ4本のエンタシス柱に代表される古典ギリシャ様式で、御影石を全面に貼り込んだ外壁仕上げと相まって、格調高い美し…

「安全・安心」な品物をお届けする岡山市の台所

中央卸売市場は法律に基づいて開設する卸売市場で、生鮮食料品を各地から大量に集め、適正な価格でできるだけ早く、円滑にかつ安定して消費者の手に届ける大切な役割をもっています。 また、当市場の関連商品売場(愛称:ふく…

日本最古の木造校舎と言われる高梁市立旧吹屋小学校。 明治6年(1873)に拡智小学校として開校され、後に吹屋小学校,吹屋町立尋常高等小学校となった。 東校舎・西校舎等が明治33年(1900)、本館が明治42年(1…

文和元(1353)年に、宮崎県から戦乱を逃れ、久米南町の山手の地に帰農した治部家の居宅で、江戸時代の豪農の面影を伝えている。

明治から昭和にかけて採掘がおこなわれていた銅山跡。選鉱施設の石組みや煙道、坑口などが残っている。

吉備中央町のシンボル的な役割を果たす商業施設。円形のさんさん広場では、大規模なイベント開催も可能です。

自然に恵まれた静かな環境で、撮影におすすめ!

昭和48年に建設された鉄筋3階建ての校舎。平成19年3月に閉校となったが、平成29年からNPO法人地球年代学ネットワークが地球史研究所を開設。地質資源研究の拠点として活用しており、グラウンド(約10,500㎡)や…

自然に囲まれた研修施設

研修室、実験室、実習室のほかに、800人収容可能の多目的ホールなどの施設もあります。

製塩業で財を成した野﨑武左衛門の屋敷

江戸後期に製塩業で財を成した野﨑武左衛門が天保4年(1833)頃から建築した屋敷。約3000坪の敷地には、枯山水の庭園、約42mの奥行きがある主屋、表書院、土蔵、茶室、水琴窟があり,国指定重要文化財。 これらの…