旧野﨑家住宅

きゅうのざきけじゅうたく
製塩業で財を成した野﨑武左衛門の屋敷

江戸後期に製塩業で財を成した野﨑武左衛門が天保4年(1833)頃から建築した屋敷。約3000坪の敷地には、枯山水の庭園、約42mの奥行きがある主屋、表書院、土蔵、茶室、水琴窟があり,国指定重要文化財。
これらの建物は江戸時代後期に製塩業と新田開発で財をなした野﨑武左衛門が築き、敷地は約3,000坪、建物は約1,000坪。
敷地の東側に長屋門と御成門を構え、中央に南北に長い主屋が建ち、主屋の北に土蔵群が整然と並んでいます。庭園には茶室が点在し、平庭部を海に見立てた枯山水庭園として、築山や石組及び露地を巧妙に配しています。

エリア
備中
カテゴリ
江戸 建物

基本情報

住所 〒711-0913 岡山県倉敷市児島味野1-11-19
ロケ実績「筆子その愛-天使のピアノ-」
テレビ「犬神家の一族~誰も知らない金田一耕助~」

マップ

周辺スポットを表示

このページを見ている人は、こんなページも見ています

このスポットの近くでできること(体験)

このスポットから近い宿泊施設