岡山城(烏城)

おかやまじょう(うじょう)
黒い外観から別名「烏城」とも呼ばれる名城

慶長2年(1597)、豊臣家五大老の一人・宇喜多秀家が築城した岡山城。
三層六階の堂々たる天守閣は織田信長の安土城天主閣を模して築かれたと伝えられ、全国的にも珍しい不等辺五角形の天守台をしています。関ヶ原合戦以前の古式を伝える天守です。
また、当時は築城技術の発達が著しい時期で、岡山城は豊臣秀吉の大坂城、毛利輝元の広島城と並んで近世城郭の先駆けとなりました。
その建築は8年にわたる大事業で、旭川の流れを変えて本丸の北面~東面を巡らせ、堀の役割を持たせました。
黒い下見板張りの外観から別名「烏城(うじょう)」と呼ばれています。
戦前、国宝であった天守閣は戦災で焼失、現在は再建されています。
城内には「備前焼工房」や「お城茶屋」があり、楽しめるスポットもたくさんあります。

エリア
備前
カテゴリ
公共施設 風景

基本情報

住所 〒700-0823 岡山県岡山市北区丸の内2-3-1
ロケ実績「筆子その愛―天使のピアノ―」
NHKテレビ小説「あぐり」

マップ

周辺スポットを表示