くだもの王国岡山の観光農園で桃狩り体験!

岡山を代表するフルーツ・桃の魅力が満載

岡山県の桃狩りのシーズンは6月下旬から9月上旬まで。県内各所にある桃狩りスポットや農産物直売所では採れたての桃を手にすることができます。

岡山の桃作りの歴史

岡山が全国に誇る「ブランド果実」は、 気品ある白い肌と上品な甘みが特徴。
進物用の高級フルーツとして際立った存在感を放つ岡山の「白桃」。明治時代に中国から輸入された桃「天津水蜜」や「上海水蜜」を起源に、岡山の白桃は明治期に誕生しました。岡山の「果樹栽培の祖」小山益太や、白桃を創成した大久保重五郎らの尽力もあり、現在でも上品な甘みが特徴の美しい白桃が生産されています。また、岡山県は「桃太郎」の故郷と言われ、桃の花が県花に指定されています。 

岡山の桃の品種・特徴

岡山の桃といえば「白桃」。
桃の収穫期は1品種あたりわずか2週間ほどで、6月下旬から8月下旬にかけて順に旬を迎えます。早生桃の1つ「日川白鳳」から始まり、岡山市一宮(清水)で誕生した岡山白桃代表格の「清水白桃」、岡山生まれの大玉で高糖度の「おかやま夢白桃」、岡山白桃の終盤を飾る「白麗」など、時期によって品種の違う白桃が楽しめます。 
桃ができるまで
栽培スケジュール

栽培スケジュール

岡山白桃の白さの秘密は岡山ならではの「袋掛け栽培」です。
一玉一玉袋をかけて育てることにより、雨や風、虫から桃を守り、透き通るように白く、ジューシーでなめらかな口当たりの桃に育ちます。
1~2月頃に剪定、3月につぼみの間引きをし、4月上旬頃から交配をします。5月下旬~6月下旬にかけて袋掛け作業をし、品種によって収穫時期が異なるため、6月下旬から収穫が始まります。 

桃狩りができる農園MAP

マップを見る

直売所で桃を買う

桃のシーズン(6月~9月)には、岡山県内の道の駅やJAに併設されている農産物直売所に採れたての白桃が並びます。1つから桃が購入でき、贈答用よりも気軽に買える価格なので、直売所を見かけた際は立ち寄ってみてくださいね。 
※桃の取り扱いについては、店舗へお問い合わせください。

桃のおいしい食べ方

◎一番おいしいところ
桃は、皮と果実の間の部分が一番おいしいと言われています。そのため、できるだけ皮を薄くむくことが肝心。柔らかな桃はナイフなどは使わずに、20~30分ほど冷蔵庫で冷やし、手で皮をむくのが一番おいしい食べ方です。

◎硬い「もも」を美味しく食べるには
硬い桃は、アボカドをカットする時のように種に達するまで包丁を入れ、ぐるりと一回転させたところで、桃の上下を持って優しくひねります。ふたつに分け、種を取って、皮をむいて食べてください。またトマトの湯むきをまねて、10秒ほど熱湯につけて、その後氷水で冷やすと、するすると皮がむけるのでおいしい部分をちゃんと食べられます。

◎冷やしすぎにご注意
桃は冷やしすぎると、甘みが感じられなくなるのでご注意を。食べる30~60分前に冷蔵庫に入れていただくのがもっともおいしく、甘みを満喫できます。

◎おいしい切り分け方
枝のついたくぼみのある部分は甘みが少ないため、縦に切り分けると、甘みの強い部分と弱い部分の両方が含まれることになり、平均しておいしく召し上がれます。

桃を使ったスイーツ・お土産

そのまま食べてもおいしい桃ですが、桃を使ったスイーツやお土産品も充実しています。
パフェにゼリーにリキュールに……お好みを探してみては?
白桃ゼリー
桃半玉をたっぷり使い、とろける舌触りの果肉をそのまま封じ込めた白桃ゼリー。みずみずしい味わいはご自宅用にもご贈答用にも人気です。
高級フルーツ缶詰
岡山の桃の代表「清水白桃」がまるまる1個半入った高級フルーツ缶詰。桃の旬は短いですが、缶詰ならいつでも新鮮な味覚を楽しめます。
白桃リキュール
桃を焼酎に漬け込んだ「白桃リキュール」は甘くて飲みやすいので、女性に人気です。