足守メロン

あしもりメロン
昭和初期から栽培されている足守の特産品

足守地区は全国でも有名な温室メロンの産地です。ガラス温室によって、たくさんの光を浴びたメロンは徹底した品質管理のもとで「果物の女王」として全国に出荷されます。
足守では、昭和の初期にメロンが本格的に栽培され始めました。メロンの種類はアールスメロン、ハネデューメロンの2種類で、元々はマスットの間作としてはじめられました。現在ではアールスメロンが主流で、足守地区はアールスメロンの県内生産量の大部分を占めています。一年を通して温室で栽培されていますが、特に7、10月に多く生産されています。メロンは苗を植えてから約3ヵ月で収穫を迎えますが、それまでの水、温度、湿度等の管理が手作業のため高級品となっています。

基本情報

公式サイト

マップ

周辺スポットを表示

このページを見ている人は、こんなページも見ています

このスポットの近くでできること(体験)

このスポットから近い宿泊施設