条件を指定して探す
開催日
カテゴリ
エリア
定番・クーポン
現在地からの距離
所要時間
検索する
  • 2020年6月
     
           
  • 2020年7月
         
     
  • 2020年8月
               
             
  • 2020年9月
       
         
  • 2020年10月
           
  • 2020年11月
             
  • 2020年12月
       
       
  • 2021年1月
             
               
  • 2021年2月
     
               
  • 2021年3月
     
         
  • 2021年4月
           
     
  • 2021年5月
               
             
現在の検索条件:
  • 備中×

鴨方町は江戸時代の頃より手延べ麺の産地として栄えてきました。「麺蔵人」直売所では、昔ながらの手延べ製法で造った延ばしたての生うどんやつゆ等の家庭用・ご進物用商品を数多く販売しています。 また、手延べの歴史が分かる…

旅とくクーポン

下津井沖で水揚げされるタコが「下津井ダコ」として全国的に有名です。「一年のうち、おいしくない時期は3日しかない」と言われるほど、年中おいしくいただけますが、秋から冬のタコは「寒ダコ」と呼ばれ、一年の中でももっとも…

茹でた麺の上にネギ、天かす、海苔、ウズラの卵を乗せ、甘辛いタレをぶっかけた倉敷の名物うどん。だしのうま味とうどん本来の味が楽しめ、シコシコとしたうどんのコシと、喉ごしがたまらない逸品。

風光明媚な児島・下津井の新鮮なたこと、児島特産の塩とがコラボレーション! 瀬戸内海が凝縮された塩焼そばで、児島地区のお好み焼き店、居酒屋などで味わうことができます。

瀬戸内海の美しい島々と優美な瀬戸大橋の景観を窓いっぱいに望むレストラン。海の幸をふんだんに使った食事を楽しめるほか、売店のおみやげも充実しています。各種宴会・会議・研修会 にも利用できます。

良寛ゆかりの玉島名物

江戸時代後期に良寛和尚が円通寺での修行時に食べていたといわれるうどんで、幅2cm、長さ1m以上の麺が特徴です。玉島の名物として人気が高まっています。

カレー味が特徴のトマト入り焼そば

昔、地元学校給食で人気のカレー味の焼そばをアレンジした、特産のトマトを入れた一風かわった焼そばです。 店によって個性があります。

倉敷名物たこめしは、たこをぶつ切りにし、炊き込みご飯にしたもの。漁師が獲ったたこを船の上で食べていたのが発祥と言われています。現在では倉敷市児島を中心に飲食店、地元のイベント等、また家庭でも作られ、親しまれていま…

古くから養鶏場が多かったことから親鶏の肉が有効に利用されてきた笠岡。その最も代表的なものが、鶏ガラスープ、鶏チャ―シューを使用した笠岡ラーメンです。

50年以上も岡山県民に愛されているロングセラー商品。

ふっくらと焼き上げたロールパンに、ほどよい甘さの口どけの良い自家製バナナクリームをサンドしたパンです。およそ半世紀以上にわたり、幅広い年齢層に愛されているロングヒット商品です。

側正面に備中国分寺五重塔を臨む立地にあり、敷地内には、お食事や、お買いものが楽しめるコーナーと毎週替わる「ギャラリー」を設置した館と吉備路の風を感じられる東屋があります。地域の特産品の販売や、朝取り野菜の販売コー…

美星産の豚と県内産の豚を使用し、やわらかく煮込んだ豚の角煮をのせた角煮そばは、豚のほど良い辛さとそばの食感が良く合い人気が高い一品です。

「石の島」北木島の観光拠点

笠岡諸島 北木島にある複合施設。 石の歴史や文化、魅力を紹介する「ストーンミュージアム」や石雑貨から高級石製品まで揃った「ミュージアムショップ」、瀬戸内海の島々と青い空を眺めながら、ゆっくり流れる島時間を過ごせ…

築100年の古民家を活用したゲストハウス&カフェ

日本の風情を感じられる美観地区の中心で、日本だけでなく世界各国から旅人が集まるゲストハウス。 「えんをひろげる古民家」をコンセプトに、訪れた人たち同士の出会いと交流を最も大切にしています。ドミトリー(相部屋)と…

日本最古の蔓牛

日本最古の蔓牛として知られる千屋牛は、ほどよい霜降りと柔らかい赤身が特徴で、その美味さは絶品で多くの人を魅了しています。

「まきび公園」の一角にあり、中国風の建物で軽食・喫茶もあります。真備特産のたけのこ・ピオーネやせんべいなどの加工品も販売。隣接する竹工房には、竹細工製品があります。

地元でとれた新鮮なシャコをフライにし卵でとじた、約30年前から作り続けているシャコ丼。

倉敷の食材が楽しめる食の複合施設

江戸期から親しまれた老舗旅館と旧街道沿いの古民家を再生活用し、高梁川流域圏の食材を使った「倉敷の新しい食文化」発信拠点として、また、芸術や音楽とコラボした「新しい町家空間」として賑わっています。

猪が多く棲息する新見では、昔からぼたん鍋などの猪料理が多く食べられていました。そんな中で、この猪を新見の名物にしようと考えられたのが、いのししラーメンです。

総社市の農産物や製品を2品以上使用したホットドックで、総社ドック普及研究会の認定を受けたホットドックです。