【2022年最新】岡山後楽園「夏の幻想庭園」で真夏の夜の夢を満喫!

8月の1ヶ月間、日本三名園のひとつ「岡山後楽園」を特別に夜間開園し、行われる「夏の幻想庭園」。優美な光に包まれた夜の後楽園は、静寂の中に幻想的な灯りが映え美しく輝いています。2022年の夏は後楽園周辺のライトアップ、岡山市内随所で夕方から楽しめる関連イベントもたくさん。岡山の夏の夜、夕涼みしながら庭園散策に出かけてみませんか?
掲載日:2022年08月10日
  • ライター:小池香苗
  • 5128 ビュー

岡山後楽園

岡山後楽園は岡山藩の2代目藩主・池田綱政の憩いの場として築かれました。完成した江戸時代から大きく姿を変えることなく、現在に伝承されてきた大名庭園です。

岡山市中心部にありながら、園内に入ると静かで江戸時代さながらの雰囲気。季節ごとに咲く花々、時間帯によって趣が変わる景色を、回遊しながら楽しめます。暑い夏は日がおちてからの夕涼み散策がおすすめです。

夏の幻想庭園

「夏の幻想庭園」は、8月1日~31日まで期間限定で行われる夜間特別開園です。やわらかな灯りに彩られた美しい庭園で、夏の幻のような異空間を満喫できる素敵な夜のひととき。岡山では「夏は幻想庭園にいっぺんは行かにゃあ」(一度は行かなきゃ)という人も多く、夏の風物詩として親しまれています。

2022年「夏の幻想庭園」

幻想庭園の演出や園内イベントは毎年変わり、年々進化している気がします。今年も見どころ満載の幻想庭園を巡ってきました。その一部をご紹介していきましょう。

おかやま恵みの庭園

後楽園の正門を入ってすぐに迎えてくれるカラフルな光の演出。芝生エリアの「おかやま恵みの庭園」の色とりどりのまあるく光る灯りは、ピオーネ、白桃、マスカットなどくだもの王国といわれる岡山名産の果物をイメージしているそう。言われてみれば……!

夏宵の彩り 延養亭(えんようてい)

岡山藩主が後楽園を訪れた時の居間となっていた延養亭(えんようてい)からは、園内外の景観が一望できます。
この歴史ある亭舎に幻想的なプロジェクションマッピングが投影され、多くの人が立ち止まり魅入っていました。
園路の燈籠、光の道も綺麗です。

​おかやま果物時間の森

園内を進んでいくと、桃色の看板を発見。
おかやま果物時間の森、なんだか美味しそうです。

夏の岡山では旬のフルーツが続々と店先に並びます。看板のQRコードを読み込んでみると、岡山のことが詳しく見えてくるかも。
果物を思わせる美しいグラデーションで彩られた森の景観はまるで絵画のよう。まさに幻想庭園、ですね。
伝統的な庭園が灯りの魔法で異空間のような雰囲気に。昼間とは一味違った新たな姿を見せてくれます。

Aurora of Prism

曲線が随所にみられる庭園の中に突如現れるシャープな直線が異彩を放っていました。
幾何学のフレームとオーロラライトが織りなす光の反射が、松林を照らします。こちらの一角、ぜひ探してみてください。
他にも「宵がすみの島茶屋」「宵涼しの竹林」など見どころはまだまだあります。後楽園は想像以上に広いと言われることもあり、くまなく回りたい方は入園時に案内をもらいましょう。地図を片手に探検気分が味わえます。

園内で開催されるイベント

夏の幻想庭園では期間中、様々なイベントが企画されています。

☆「和文化体験~後楽園でやってみよう!日本の伝統文化!!~」
華道、茶道、狂言などのほか、岡山で受け継がれてきた工芸 烏城彫(うじょうぼり)、水墨画などの体験ができます。
岡山で生まれた禅僧であり水墨画家の雪舟に思いを馳せ、美しい庭園で筆をとるのも粋ですね。体験ごとに日時/定員が異なり、事前に申し込みが必要です。(※スケジュールは幻想庭園 公式サイトに掲載)

☆「彩竹提灯ワークショップ」
期間中毎日開催。自分で組み立てた竹提灯とともに園内を散策できます。(各日先着50名/参加費1個300円)

☆「スカイランタン 恵みのともしび」
期間中の土・日・祝限定で開催の参加型イベント。普段入ることのできない場所からランタンを放ち、夜空を舞う灯りに願いをこめます。(各日先着30名/参加費1個1000円)

☆「ゆかたde特典!」
8月の毎週金曜日18時から、浴衣姿で来園すると竹製うちわのプレゼント(数量限定)や、園内売店・茶店にて特典が受けられます。

他にも日にち限定のイベントも開催されますのでお楽しみに!

ボランティアガイド

岡山後楽園では無料のボランティアガイドも定期的に行われ人気です。幻想庭園期間にはナイトボランティアガイドが日にち限定で登場。詳しい歴史のお話を聴きながらの散策はより心に刻まれる想い出になりそう。【今後の開催予定日は8月27日(土)・28日(日)19:00~/19:30~のみ】

岡山後楽園公式サイトにも歴史や見どころが詳しく紹介されています。この夏、奥深い庭園の世界をどっぷり学んでみるのもおすすめです。
幻想庭園に合わせて園内のお店も開店。甘味処の福田茶屋では夜店が出ていました。風情がありますね。

幻想庭園 関連イベント

2022年は岡山デスティネーションキャンペーンの一環で、後楽園周辺や岡山市街地でも観光イベントが多く開催されています。後楽園の周囲を流れる旭川沿いの石山公園一帯では、7月20日~11月27日まで「旭川☆星降る川辺の物語」と題したライトアップを実施。河川敷沿いではきらめく光の映像が楽しめ、水面に灯りが映る神秘的な光景を観られます。
後楽園周辺の橋を渡ると、灯籠や飾りのやわらかな光が夜道を照らしていました。行き帰りの道中もあたたかな光に包まれ、静かな夜のまち歩きを楽しめました。
晴れの国岡山も猛暑が続いています。訪れた日も昼間はかなりの暑さでしたが、夜の幻想庭園では時折涼やかな風も吹き、心地よいひと時を過ごすことができました。岡山の夏の宵に、日中とは一味違ったしっとりと趣深い庭園散策を堪能してみてはいかがでしょうか。幻想庭園の空気感、優艶な雰囲気は写真では伝えきれないので、ぜひ実際に訪れて真夏の夜の夢を体感してみてください。

アクセス・概要

【岡山後楽園夜間特別開園  夏の幻想庭園】
開催期間:2022年8月1日(月)~8月31日(水)
開催時間:18:00~21:30(入園は21:00まで)

【アクセス】
幻想庭園期間中は周辺や駐車場の混雑が見込まれるそうで、公共交通の利用がおすすめです。JR岡山駅前からは路面電車とバスが運行されています。
バス:JR岡山駅後楽園口(東口)バスターミナル1番乗り場「藤原団地」行き「後楽園前」バス停下車すぐ
路面電車:JR岡山駅前から「東山」行き「城下(しろした)」電停下車、徒歩約10分

同じテーマの記事

このライターの記事