郷原漆器

ごうばらしっき
自然の風合いを残したシンプルなデザイン

蒜山地域の郷原という集落に伝わった漆器の技術。
生木のクリ材を輪切りにし年輪を中心に轆轤(ろくろ)で木地を挽いて乾燥後、黒や朱の「備中漆」を塗って拭き取る技法です。
江戸中期以降に生産されており、一時途絶えましたが、平成になって生産が復興され振興会を中心に漆・栗の植樹や後継者育成に努めています。

エリア
美作
カテゴリ
伝統工芸品・民芸品

基本情報

住所 〒717-0602 岡山県真庭市蒜山上福田
電話番号 0867-66-5611(郷原漆器の館)
営業時間9:00~17:00
定休日木曜日
料金無料
交通アクセス(車)米子自動車道蒜山ICから約5分
駐車場普通車5台、バス2台

マップ

周辺スポットを表示

このページを見ている人は、こんなページも見ています

このスポットの近くでできること(体験)

このスポットから近い宿泊施設

この地域のおすすめ特集