おみやげ

定番みやげと逸品をご紹介
条件を指定して探す
開催日
カテゴリ
エリア
定番・クーポン
現在地からの距離
所要時間
検索する
  • 2020年10月
           
  • 2020年11月
             
  • 2020年12月
       
       
  • 2021年1月
             
               
  • 2021年2月
     
               
  • 2021年3月
     
         
  • 2021年4月
           
     
  • 2021年5月
               
             
  • 2021年6月
       
         
  • 2021年7月
           
  • 2021年8月
           
  • 2021年9月
         
       
現在の検索条件:
  • 美作×

ジャージー牛の乳しぼりや乳製品作りにチャレンジ

上蒜山のふもとにあり、蒜山三座の雄大な姿と放牧中のジャージー牛がのんびりと草を食む様子が眺められます。さっぱりとしたコクのあるジャージー牛乳を原料とするジャージーヨーグルトやチーズなどの乳製品製造工場を窓越しに見…

観て、触れて、大自然と遊ぼう

岡山県が広く県民に畜産に対する親しみや理解を深めてもらうことを目的として建設された、県民ふれあい施設です。広さ5ha(芝生広場等3.8ha)の敷地内に、セージ、カモミールなど多くの花を楽しむことができるハーブ園、…

山田養蜂場の蜂蜜を使ったお菓子のお店!お菓子工房では、蜂蜜を使ったジェラートを始め、蜂蜜を使ったお菓子や飲み物を製造販売しています。店内にはカフェスペースもあり、ゆっくりできます。蜂蜜、化粧品、健康食品などの山田…

地域の特産品の販売やお食事ができる「ふるさと味わい館」と、彩りの郷かがみのの観光案内や苫田ダムの見学ツアーを行う「広報展示館」があります。奥津湖が一望できるロケーションを楽しめるほか、芝生広場もあり、憩いの場とし…

ひるぜん焼そばが家庭でも味わえる!!今、話題急上昇中のひるぜん焼そばのタレです。 ★ひるぜん焼そばの特徴★ 1.秘伝の特製だれ・・・濃厚な味噌ベースの甘辛ダレ! 2.親鶏のかしわ肉・・・かめばかむほど味の出る鶏肉…

防水性・保湿性に優れた「がま」を丁寧に編みあげて作る草履や手提げ、雪靴などの生活用具。蒜山地域に伝わる伝統技術で、岡山県指定伝統工芸品にもなっています。

レストラン、お土産コーナー、源泉かけ流しの天然温泉や人気の足湯もあります。ドライブやツーリングの立ち寄りスポットとしても人気です。

JR中国勝山駅内にあり、真庭市観光スポット、イベントの案内をしており、観光の起点や情報収集に便利なスポットです。真庭市内で人気のお土産も揃っています。

津山産小麦「ふくほのか」を使った、ご当地スウィーツ 地元の和洋菓子店8店の職人さんがそれぞれ、黒豆、サクラ、モモ、自然薯など、地元の食材を使って趣向を凝らし、個性的なロールケーキです。 食材のプロと菓子のプロ、地…

肉の旨みをぎゅっと凝縮!津山のお土産ならこれ!

津山名物の干し肉は牛肉ブロックを数日間干して旨味を凝縮させたもの。昔は保存食として食べられていました。スライスして、軽く表面を焼いて食べるととてもおいしいと評判!干してあるといっても、ビーフジャーキーのような固い…

中国自動車道美作ICにほど近く、湯郷温泉街の只中にある旅のレストラン。バスツアー・ドライブの拠点として利便性の高い立地です。大型バス用駐車場も完備。

落合地域(真庭市)は古くから羊羹どころとして知られています。 かつてこの地を流れる旭川を往来し、地域の繁栄を支えた高瀬舟。 その高瀬舟を模してつくられたのがこの羊羹です。 ひと口で食べられるサイズの小さな舟はどこ…

濃厚でコクのあるジャージー牛乳本来の味を追求し続け、牛乳はもちろんチーズ、ヨーグルト、プリン、アイスクリームなど様々な商品があります。

蒜山地方で伝えられてきた焼そばは、旨みの強い親鳥の肉を入れた味噌だれ味が定番です。豚肉よりも手に入りやすい鶏肉、ソースよりも手作りしやすいみそだれと、地元の手近な素材にこだわったオリジナル味付けが好評です。

自然の風合いを残したシンプルなデザイン

蒜山地域の郷原という集落に伝わった漆器の技術。 生木のクリ材を輪切りにし年輪を中心に轆轤(ろくろ)で木地を挽いて乾燥後、黒や朱の「備中漆」を塗って拭き取る技法です。 江戸中期以降に生産されており、一時途絶えました…

津山市の観光の拠点として、美作地方全域の観光パンフレットコーナーを設置。2階多目的ホールは会議等に使えます。特産品の販売コーナー、ご当地グルメなどを販売する飲食店も併設されています。

昼夜の気温差が大きく、栽培に適した気候や農家の人々の多大な努力、地域一体となった生産振興体制などが合わさり、「作州黒」と呼ばれるまでに。勝央町を含む、勝英地方の特産品です。未熟果の「黒大豆枝豆」も大粒でコクがあり…