道祖渓

どうそけい

小田川の支流雄神川が、黒い輝緑岩の台地である雄神台と雄宝台の間を深く削ってできた渓谷です。雄神川は永祥寺の南へ流れ出ています。末広の滝、稚児の滝、竜門の滝、座禅岩、八畳岩、不動岩などの奇岩怪岩の間を流れる清流に、アカガシ、ヤブツバキ、ハナイカダなどの樹木が映えて、渓谷美をかもしだしています。永祥寺の開山実峰良秀の徳を慕って集まった童子のなかに、道祖神の化身である稚児がいたという伝説から、昭和初期に道祖渓と命名されました。

エリア
備中
カテゴリ
紅葉

基本情報

住所 〒715-0006 岡山県井原市西江原町
電話番号 0866-62-8850(井原市観光協会)
公式サイト
交通アクセス(車)山陽自動車道笠岡ICから約40分
交通アクセス(公共)井原鉄道井原駅からタクシー約20分
駐車場普通車7台 

※営業時間や定休日、料金など変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。

マップ

周辺スポットを表示