アテツマンサクの森

アテツマンサクのもり

アテツマンサクは、マンサク科の落葉中高木で広島県北部から岡山県中北部が自生地となっています。故牧野富太郎植物博士が新見市黒髪山の青竜寺で発見、命名されたことに由来。マンサクとは、「豊年満作」の意味で、花が枝に満ちる様相から来ている。別名「タニイソギ」とも言われ、寒い節分から開花し、黄色い花を咲かせます。

エリア
備中
カテゴリ

基本情報

住所 〒719-3503 岡山県新見市大佐小阪部
電話番号 0867-98-2614
交通アクセス(車)中国自動車道新見ICから約30分
交通アクセス(公共)JR刑部駅からタクシー約15分
駐車場なし

※営業時間や定休日、料金など変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。

マップ

周辺スポットを表示

このページを見ている人は、こんなページも見ています

このスポットの近くでできること(体験)

このスポットから近い宿泊施設

この地域のおすすめ特集