片山潜記念館

かたやませんきねんかん

片山潜は、1859年に久米南町羽出木村の庄屋に生まれたが、家計困窮のため、すぐ農耕、炭焼きなどをして働きました。このため、ほぼ独学で勉強し、明治13年に岡山県師範学校に入学。翌年、上京後、印刷工員として苦学し、明治17年、25歳で渡米。明治25年、アイオワ州グリンネルを卒業後、大学院に進みました。明治29年に帰国し、現早稲田大学教授に就任。幸徳秋水、阿部磯雄らとともに社会主義研究会を組織し、日本における社会主義の先駆者としてその生涯を反戦、平和に捧げました。生誕の地に建つ記念碑、その碑のそばには数々の資料を展示する記念館があります。片山潜は遠くモスクワのクレムリンに眠っているが、氏の遺徳を偲ぶ人がこの記念館を訪れています。

エリア
美作
カテゴリ
美術館・博物館
【実施中の感染症防止対策】
  • 消毒液を常備しています

基本情報

住所 〒709-3605 岡山県久米郡久米南町塩之内
電話番号 086-728-4412(久米南町産業振興課)
公式サイト
営業時間申込みにより随時開館
交通アクセス(車)中国自動車道津山ICまたは、院庄ICから約30分
交通アクセス(公共)JR弓削駅からタクシー約10分

※営業時間や定休日、料金など変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。

マップ

周辺スポットを表示

このページを見ている人は、こんなページも見ています

このスポットの近くでできること(体験)

このスポットから近い宿泊施設

この地域のおすすめ特集