条件を指定して探す
開催日
カテゴリ
エリア
定番・クーポン
現在地からの距離
所要時間
検索する
  • 2020年1月
         
     
  • 2020年2月
               
  • 2020年3月
           
  • 2020年4月
         
       
  • 2020年5月
             
               
  • 2020年6月
     
           
  • 2020年7月
         
     
  • 2020年8月
               
             
  • 2020年9月
       
         
  • 2020年10月
           
  • 2020年11月
             
  • 2020年12月
       
       
現在の検索条件:
  • 祭り・伝統行事×

約650年前から行われている伝統行事で、現存する県下の会陽(はだかまつり)の中では一番年の初めに行われます。毎年2月の第1土曜日に開催。 金山寺の境内で裸姿の男たちが、宝木(しんぎ)を求め激しい争奪戦を繰り広げ…

開催期間: 2020年2月1日(土)

寒風吹きすさぶ中、紅白の旗を飾り、源平に分かれた消防団員が、相手の舟を狙って放水合戦を行います。 フィナーレには、一年の安泰を祈念し、五色の水を天高く放水します。 (12:00~放水合戦)

開催期間: 2020年2月2日(日)

大きな上餅、下餅、三方(木製台)あわせて総重量185kgもある巨大な鏡餅を運ぶ奇祭が行われます。この祭は1221年(承久3年)に後鳥羽上皇が隠岐の島に配流される途中、この寺に立ち寄り国家安泰・開運招福を祈願、近隣…

開催期間: 2020年2月2日(日)※毎年2月第1日曜日

最上さまの脇神・三面大黒尊天の祭典で、開運厄除けの祈祷の後豆まき式が行われます。 長さ85メートルの結界廊から、午前10時を皮切りに総勢 750人の出仕者が10万袋の福豆を投じるこの行事は、最上稲荷の三大祭典の…

開催期間: 2020年2月3日(月)

節分の日に豆まきなどの催しを行います

吉備津彦神社で、節分祭を開催いたします。 平安時代のころより、邪気を祓い安らかな春を迎える為の行事として、旧暦正月の前日、現在の立春の前日である節分の日に行われていたものです。「当たり豆」をひろった方には縁起物…

開催期間: 2020年2月3日(月)

毎年たくさんのご参拝者をお迎えして、盛大に行われております

時の征夷大将軍・坂上田村麻呂が討伐した鬼の霊が七十五匹の白狐に変わり、由加大権現の眷属として庶民を助ける神様となった、との言い伝えにより、現在でも節分豆まき式では『鬼は外』は言わず、『福は内』の掛け声で豆まきが行…

開催期間: 2020年2月3日(月)

立春の前日である「節分の日」に行われます。 昔より伝統のこの神事は、世の繁栄を祈り、人々の厄難を祓って、心身健全、開運長久を願う伝統の祭りです。 当日は手作りの「福まめ入り餅」まきの行事も盛大に行われます。

開催期間: 2020年2月3日(月)

津山総鎮守・徳守神社で節分祭を行います! 節分祭とは年の始めの春を迎えるにあたり、一年が平穏無事な年であるようにと願うお祭です。 無病息災と開運を願う方々にご参列頂いて開運厄除祈願祭を執り行い、祈願祭修了後、特設…

開催期間: 2020年2月3日(月)

様々なお雛様に出会えるイベントです

歴史のまち足守でお雛めぐりが行われます。 大正期・昭和期の貴重なお雛さまから陶器、組木で作ったお雛さままで、いろんなお雛さまに出会えるお雛めぐりです。

開催期間: 2020年2月4日(火)~3月22日(日)

昭和40年からおこなわれている行事。春の芽出しを揃えたり、病害虫駆除の効果もあります。 当日は園内が「黒い絨毯」を敷きつめたようになります。後楽園の春を迎える風物詩です。  

開催期間: 2020年2月5日(水)

西日本播磨美作七福神の1つでもある安養寺(あんようじ)で、毎年2月の第2土曜日に行われる会陽(えよう)。裸祭りとしては県下最古級の約800年の歴史を持つ伝統的な奇祭です。 また、大人会陽と分けて子供会陽も行われま…

開催期間: 2020年2月8日(土)

村内外から集まった男たちが、湯気を立ち上らせながらまわしひとつで練り合う様子は迫力満点です。 岩倉寺御本尊の観音様(十一面)の御利益を集めた陰陽2本の宝木(しんぎ)を、精進した裸群が争奪する宗教行事で、江戸時代中…

開催期間: 2020年2月8日(土)

開運・発育健全祈願の式典が本殿で行われるほか、この日に限り盗難よけのお守りと招福箸とを授与します。 招福箸はお火たき大祭ででおたきあげすれば功徳があります。

開催期間: 2020年2月9日(日)

鍋の中に米と女竹を入れ、その竹筒に入った粥の入り具合で、その年の作凶を占います。 天明の大飢饉の時、凶作に困った農民が最後のよりどころとして、豊作、凶作を占ったのが始まりといわれ、毎年2月第2日曜日に開催されてい…

開催期間: 2020年2月9日(日)

「西大寺会陽(えよう)」(はだか祭り)前日、会陽宵祭りが行なわれます。 演奏を奉納して会陽の安全と益々の発展を祈るほか、五福餅まきも行われます。 会陽宵の感動を、ご体感ください。

開催期間: 2020年2月14日(金)

500年以上続く天下の奇祭

国の重要無形民俗文化財に指定されており、全国的に有名な西大寺会陽(はだか祭り)。 厳冬の深夜、西大寺観音院の本堂 御福窓(ごふくまど)から投下される2本の宝木(しんぎ)をめぐって、約10,000人のまわしを締め…

開催期間: 2020年2月15日(土) ※毎年2月の第3土曜日

真冬の澄みきった夜空を彩る冬花火。 日本三大奇祭としても全国的に有名な「西大寺会陽(えよう)」(はだか祭り)の雰囲気をより一層盛り上げます。 「ワッショイ!ワッショイ!」と「はだか」達の掛け声が響く中、打ち上げら…

開催期間: 2020年2月15日(土)

笠岡駅前商店街及び笠岡市内各所において、いろいろな“おひなさま”を展示。ゆっくり散策しながら笠岡のひなめぐりが楽しめます。 また、市内の展示をめぐるバスツアーも実施されます。

開催期間: 2020年2月15日(土)~3月3日(火)

木山寺は、標高430mの山上にあり、弘法大師が開いたと伝えられています。老若男女誰でも参加できるよう陰陽2本の御宝木が福引で授与されます。 毎年2月第3日曜日開催。

開催期間: 2020年2月16日(日)