【規模縮小】西大寺会陽(はだか祭り)

さいだいじえよう(はだかまつり)
500年以上続く天下の奇祭

国の重要無形民俗文化財に指定されており、全国的に有名な西大寺会陽(はだか祭り)。
厳冬の深夜、西大寺観音院の本堂 御福窓(ごふくまど)から投下される2本の宝木(しんぎ)をめぐって、約10,000人のまわしを締めた裸の男たちが激しい争奪戦を繰り広げます。その様子は、圧巻で勇壮そのもの。この宝木を取った者は、福男と呼ばれ、福が得られると言われています。

<2021年の西大寺会陽の注意点>
○はだか参加者は【平成元年~令和2年までの歴代福男】に限ります(それ以外の方は参加できません)。
○無観客で行うため、会陽の観覧はできません(宝木投下の様子は動画配信でご覧いただけます)。
○境内へは20:30~23:00は全面立ち入り禁止となります。
○当日の関連行事(少年はだか、女性はだか、奉納演舞、会陽冬花火、露店の出店)はすべて中止となりました。

※コロナウイルス感染拡大防止のため、宝木争奪戦は行わず、無観客で行います。ご理解とご協力をお願いいたします。
エリア
備前
カテゴリ
祭り・伝統行事

基本情報

開催期間 開催終了 2021年2月20日(土)
※毎年2月の第3土曜日
開催場所 西大寺観音院
住所 〒704-8116 岡山県岡山市東区西大寺中3-8-8
電話番号 086-942-0101(西大寺会陽奉賛会【岡山商工会議所西大寺支所内】)
公式サイト
交通アクセス(車)山陽自動車道山陽ICから約30分
交通アクセス(公共)JR西大寺駅から徒歩約10分
備考◎詳細はチラシまたは公式サイトを参照ください。

【地押し修行と五薬香守り】
西大寺会陽に裸で参加できないという方も、会陽前の2週間にわたり会陽期間中に特設されている、邪鬼を寄せ鎮める為の四本柱で行う「地押し修行」には参加できます。
毎年使用しているまわしを両手に持ち、地押しで備前地方の邪鬼を供養し、踏み鎮めます。
地押し修行した方には会陽500年の歴史で非公開にしていた、宝木と一緒に包まれて投下されている秘宝「五薬香守り」が授与されます(※1万体限定、浄財志納金が必要)。年齢性別不問。
開催時期:2月7日(日)~19日(金)9:00~16:00
開催場所:西大寺観音院(岡山市東区西大寺中3-8-8)
関連資料

※日程、料金など変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。

マップ

周辺スポットを表示

このページを見ている人は、こんなページも見ています

このスポットの近くでできること(体験)

このスポットから近い宿泊施設

この地域のおすすめ特集