日本遺産認定!「石の島」北木島で絶叫展望台と石の絶景を巡るサイクリング

人気お笑いコンビ「千鳥」大悟さんの生まれ故郷で、新たに「石の島」として日本遺産にも認定された笠岡諸島の北木島(きたぎしま)。美しい瀬戸内海を眺めながらフェリーで片道1時間、日帰りでも十分楽しめるこの島は、桂林やベニスを思わせる景観や迫力満点の採石現場など、フォトスポットも見所もたくさん!絶景カフェのテラスでの乾杯や、島から帰った後のラーメンなど、息抜きも楽しめる非日常の一日へ!

船長体験もできる地元密着型フェリーを探検!日本遺産・北木島へ

瀬戸内三大銘石の一つ「北木石」の産地で、2019年7月「知ってる!? 悠久の時が流れる石の島~海を越え、日本の礎を築いた せとうち備讃諸島~」として日本遺産に認定された北木島。
JR倉敷駅から電車で30分のJR笠岡駅から歩くこと15分で北木島行きのフェリーが出る伏越(ふしごえ)港に到着です。行きは「金風呂丸」に乗船し、島まで約1時間のプチトリップ。フェリーのデッキからは、潮風を感じながら、狭い航路から海へと移り変わる景色や瀬戸内の島々を楽しめます。お願いすれば、操舵室での船長体験もさせていただけるんですよ!

フォトスポット多数!観光とサイクリングの拠点「K's LABO」

北木島に近づくと、島の山肌に石の切り出し跡があちこちに見えます。島へは旅客船とフェリー、2種類の行き方がありますが、フェリーの着く豊浦港周辺は観光スポットが豊富!さらに、レンタサイクルやカフェなど観光の拠点となる「K's LABO」まで徒歩1分です。施設内には撮影スポットが複数あり、迫力満点のトリックフォトが撮れる石の恐竜骨格、太陽の光を受けて白く輝く「北木のヴィーナス」などが訪れる人を待っています。

ストーンミュージアムで、日本のランドマークを支える北木石について学ぶ

K's LABO内のストーンミュージアムに入ると、「北木石」の歴史を知る写真パネルや、島を支える石の加工技術によって生み出された作品や展示物が目を惹きます。北木石は、私が今まで訪れたことのある大坂城の石垣をはじめ、靖国神社の大鳥居、東京駅丸の内駅舎など、日本のランドマークとなる多くの建築物に使われていると知り、驚きと同時に親近感も湧いてきました。もちろん、K's LABOのショップのお土産にも全て北木石が使われているんですよ。

石の加工場、愛らしい休憩所、アート作品…島内サイクリングへ出発!

マリンアクティビティーなどのレジャー用品のレンタルが充実しているK's LABOでは、レンタサイクルが借りられます。電動アシスト機能付き自転車から、スポーツクロスバイク、子ども用の自転車まで種類豊富。コインロッカーも完備しているので、身軽に出発できます。早速サイクリングに出発すると、港からすぐの海沿いには、石の加工場が連なり、島独特の景観が見られました。そして、一旦Uターンし、石のアート作品「メビウスの輪」を見たら、ライトブルーが可愛らしい島の公会堂前で一息入れ、金風呂(かなぶろ)という地区へ向かいます。

ここは中国!?「北木の桂林」で大迫力の石切り場を臨む

石の加工場が点在する細い道を進むと、「北木の桂林」の案内が。奥へ進むと、圧倒されるほどの切り立った山と大迫力の石切り場跡(丁場湖)が出現!まさに「桂林」を思わせる岩でできた山肌の連なりが印象的で、水面に映る岩肌・木々の緑・青空のコントラストが美しい、絶景のフォトスポットです。左側に目を向けると、採石に使われていたであろう大型機械の跡も。

ここはイタリア!?「北木のベニス」で青い海の船着場を臨む

続いて訪れたのは「北木のベニス」。時間帯によって水位の変わる船着場で、岩壁の反射や光の加減によって鮮やかな青緑のグラデーションが水面に描かれる様は、まさに「ベニス」を思わせます。美しく積まれた石、家屋と周囲の緑、水面の青と船の白…。多数の色彩によって描かれた、魅力的な景観のフォトスポットです。

石の集合によって生まれるアート作品のような「石の山」

次に訪れたのは、綺麗に刻まれた石の連なりが生み出す、アート作品のような「石の山」。石材から切り出した残りの石の集積所で、職人さんが次の材料に使う石を選ぶための場所です。北木石は見た目が美しく、粘りがあって強い材質が特長とのこと。よく見ると石材には一定の間隔で、杭を入れて石を綺麗に切り出した痕跡が残っています。

圧倒的な迫力!思わず足がすくんでしまう、ダイナミックな採石現場!

いよいよクライマックスは、採石現場の見学!高さ60mの「石切りの渓谷展望台」から臨む石切り場は、まさしく圧巻の大迫力で、足がすくんで思わず絶叫してしまうほど。貫かれるように剥き出しになった岩肌の猛々しさと、規則正しく切り出された石の連なる景観に圧倒されます。眼下には、石の成分が溶け出した綺麗なエメラルドグリーンの池が、景観のアクセントになっています。かつて島が栄えていた頃は、127ヶ所もの石切り場があったそうですが、現在はここを含めて2ヶ所のみだそうです。
※見学は、毎日12時〜13時で開催(入場料:大人 1,000円、小学生 500円 ※小学生未満無料)。

サイクリングのあとは、海を臨む絶景のテラスで乾杯!

サイクリングは、金風呂地区で折り返し。K's LABOに戻ったあとは、2階に上がって、海を一望できる絶景のテラスへ。ここでスタッフの方から、北木島では石材の質の良さだけではなく、採石場から海が近く、切り出した石をすぐに港から運び出せるという利点から発展したという島の歴史を聞き、往時に思いを馳せます。美味しいビールやかき氷を片手に、サイクリングの疲れを癒しましょう!

フェリーから夕日を眺め、笠岡ラーメンに舌鼓

とうとう北木島ともお別れ。帰りは行きとは違うフェリー「大福丸」での船旅を楽しみながら、帰路につきます。夕日の時間帯、デッキから眺める瀬戸内の島々はロマンチック!ぜひ、写真に収めましょう!港に着いたら、笠岡名物「笠岡ラーメン」へ。大満足の一日を、最高の締めラーメンで終えましょう。
笠岡ラーメン提供店舗一覧
お申込み方法

レンタサイクルはK's LABOにてご予約いただけます。
【K's LABO】
・営業日:火・木・土・日・祝日
・開館時間:10:00~16:00
・入場料:大人600 円(中学生以上)、子供300 円(小学生)、幼児 無料

このページを見ている人はこんなページも見ています