今春オープンの「高梁グリーンパーク」は、雨の日でも遊べる無料キッズルームが嬉しい!

ハイハイ期のベビーも安心して遊べる場所を探していたら、2024年3月29日にオープンしたばかりの「高梁グリーンパーク」を発見! こちらは約80人まで遊べる無料の室内キッズルームや、発酵食品を楽しめるレストラン、アウトドア用品を取り扱うsnow peakとコラボしたワーキングスペースなどが完備されている複合レジャー施設。これからの梅雨の季節にも、家族全員で楽しめること間違いなし! 記事の最後には、一緒に立ち寄りたい、大型遊具がある公園もご紹介します。
掲載日:2024年05月17日
  • ライター:髙田美津子
  • 2135 ビュー

高梁グリーンパークとは?

岡山市内から車で約1時間30分。自然豊かな場所に今回ご紹介する「高梁グリーンパーク」があります。もともとは温泉施設だった建物を利用し、2024年3月に木製チップを燃料にした発電所へと生まれ変わりました。施設内にあるキッズスペースは、なんと無料で利用できます。高梁市の職員だった館長さんが、「子どもたちが遊べる場所をつくってほしい」という声を形にした施設です。

キッズスペース「どんぐり」

受付で記名を済ませたら、ベビーカーをベビーカー置き場において、いざキッズスペース「どんぐり」へ。入るとすぐにベビーも「キャー」と叫んで、高速ハイハイで駆け回っていました。室内の広いキッズスペースは、雨の日でも猛暑の日でも快適です。
キッズスペース「どんぐり」の特徴は、木育ができること。木のおもちゃのインストラクターの意見を参考に、厳選された約40種類の木製おもちゃがずらりと並んでいます。遊び方の説明も、写真付きでわかりやすく工夫されています。難易度が高いおもちゃもあるので、親子でチャレンジしてみては。
1歳のベビーは「つまむ、引っ張る、入れる」ができるおもちゃがお気に入りでした。3歳ぐらいのお子さんは「ままごとキッチン」で遊んだり、小学生のお子さんは遊具で体を動かしたり、年齢に合わせて遊べるさまざまなおもちゃがありました。キッズスペースの年齢制限はありませんが、月齢の低い赤ちゃんには布団やバウンサーもあるので安心です。キッズスペースの利用時間は、10:00~12:00と13:00~16:00です。大型連休など満員の時は1時間の入れ替え制になります。

レストランまごころ食堂

日本食の原点である「発酵食品」をコンセプトにしたレストラン「まごころ食堂」。味噌や麹を使ったメニューは、ホテルオークラ岡山総料理長の経験がある湯浅薫男(しげお)シェフが監修しています。
「酵素玄米ごはん」を使用した「おにぎりセット」は味噌汁、ミニデザート、ドリンク付きで1,000円(税込)。酵素玄米ごはんは、熟成が進むとモチモチした触感になり、消化に良いと言われています。この日の付け合わせは、左からいぶりがっこ、青なんばんみそっこ胡瓜、茎わかめ。気に入ったものがあれば館内で購入もできます。
夫は「麹仕込みのから揚げプレート(味噌汁、ミニデザート、ドリンク付き)」1,200円(税込)を注文。セルフコーナーには、デトックスウォーターや温かいお茶、スパイスなどが用意されていました。
小さなお子さん連れの方におすすめの、小上がりの畳スペース。3卓あり、バウンサーやバンボ、クッションなど、さまざまなタイプの子ども用の椅子が用意されています。
レストランの奥には和室の個室が2部屋あり、ゆっくりと食事を楽しむことができます。事前予約も可能です。

【レストランまごころ食堂】
営業時間:11:30~16:00 ※食事11:30~13:30(L.O.)、カフェ11:30~15:30(L.O.)

天空マルシェ Komorebi

高梁エリアの特産品や、東北をメインとした発酵食品、キャンプ飯におすすめのスパイスなど、スタッフおすすめのセレクト商品が並べられています。高梁の特産品には、地酒はもちろん、高梁市のブランド牛である「備中牛」のお肉も購入できます。
「万能スパイスの壁」には、全国から取り揃えた多種多様なスパイスが陳列されています。スタッフおすすめは、備中牛との相性抜群である「ほりこし」。レストランのセルフコーナーにも用意されていました。その他に、焼肉のたれ「ゴリゴリ パンチ」がすごく美味しいらしいのですが、残念ながら売り切れで購入できませんでした。すぐ売り切れてしまうそうなので、見つけた方はぜひ手に取ってみてください。

【天空マルシェ Komorebi】
営業時間:10:00~16:00

ワーキングルームまなんどこ

105畳あるワーキングルーム(有料)は、アウトドア用品を取り扱うsnow peakとコラボレーションしており、まるでキャンプをしている気分で仕事ができます。用途に合わせてスペースを区切って借りることもでき、大人数の会議ができるスペースもあるので、研修などにもおすすめです。詳細は「高梁グリーンパーク」にお問い合せください。

ドッグラン

予防接種を1年以内に受けているワンちゃんは無料で利用できます。思いっきり走り回れる広い敷地には、水飲み場も完備されています。利用時間は10:00~17:00です。

その他の設備

施設内には授乳室、おむつスペースも完備されています。電子レンジやお湯なども用意があり、小さなお子さんとのお出かけにも心強い!
離乳食やお菓子、ベビーミルクなども販売されています。細かい配慮が嬉しいですね。

施設詳細

「廃屋になるはずだった施設を再生してできた高梁グリーンパークは、高梁市の新しい拠点となりました。高梁市民の方をはじめ、県内外の多くの方に訪れていただき、皆さんが笑顔になって帰ってほしい」と館長さん。
月に1回程度、イベントも開催。2024年6月2日(日)には、「こども備中神楽」が催されます。演舞のスケジュールは、10:30~11:30、13:30~14:30で予約不要です。当日は、キッチンカーなどが集結!ぜひ訪れてみてください。

【高梁グリーンパーク】
所在地:岡山県高梁市松原町神原2281-4
TEL:0866-21-2080
営業時間:10:00~16:00
定休日:水曜日
ベビーカー:OK
おむつ替えスペース:あり
駐車場:あり
※館内への飲食物の持ち込みはできません。エントランスにあるテーブルは飲食可。

ハイランド公園

全長83m×全幅73mの大型遊具がある「ハイランド公園」は、「高梁グリーンパーク」の隣にあります。ローラースライダー、縄のトンネル、ネットの洞窟など、いろんな仕掛けがあり、子どもたちが元気に遊んでいました。
「高梁グリーンパーク」のキッズスペースで遊んでいた家族が、お昼時にはテントを張ってピクニックを楽しんでいる姿も。車いすやベビーカー、キャリアカーのためにスロープもありますが、敷地が広いので、地図を確認して移動することをおすすめします。

【ハイランド公園】
所在地:岡山県高梁市松原町神原2281-11
利用時間:9:00~18:00
トイレ:あり
ベビーカー:OK
駐車場:あり

まとめ

無料で利用できる「高梁グリーンパーク」のキッズスペースは、赤ちゃんから小学生まで楽しめる激押しスポットでした。ベビーもお兄ちゃんたちと一緒に遊んでもらうなど、1時間30分も動き回り、帰りの車では3分でねんねしました。次回訪れた時には、キャビアを使った「キャビアアイスも食べたいね」と、大人たちは楽しみにしています。これからの梅雨の季節、たくさんの方に訪れてほしいスポットです。
マップを見る

同じテーマの記事

このライターの記事