井原鬼まつり

いばらおにまつり
鬼やひょんこ なすびの 喰いさし

井原町の秋祭は別名を鬼まつりと呼ばれ、約100匹の恐ろしい形相の鬼たちが御神幸の先払を務めます。
向こう1年間の家内安全を願って鬼のタスキ(背中)や槍先にさした御幣を争奪すると無病息災の御利益があると言われています。
井森神社の氏子地域では、各地区ごとにこども神輿が町内を巡り、午後より、いよいよ御神幸が神社を出発します。一行は商店街のある本通を南へと練り歩きますが、杖の先や腰に御幣を挿した鬼たちが観衆を怖がらせながら先頭を行き、続く大人神輿が威勢良く沿道を賑わせ、お社へ帰って来ます。なお、以前はこの鬼の御幣をお守りにしようと観衆が奪う風習がありましたが、今は神社で頂くことができます。

エリア
備中
カテゴリ
祭り・伝統行事

基本情報

開催期間 2018年10月28日
開催場所 井原町内
住所 〒715-0019 岡山県井原市井原町
電話番号 0866-62-8478(井原公民館)
公式サイト
交通アクセス(車)山陽自動車道笠岡ICから約20分
交通アクセス(公共)井原鉄道井原駅から徒歩約20分

マップ

周辺スポットを表示

このページを見ている人は、こんなページも見ています

このスポットの近くでできること(体験)

このスポットから近い宿泊施設