三浦邸

みうらてい
藩主の館 椎の木御殿

旧三浦家別邸。
明和元年(1764)、三河国西尾より移封になり、勝山領主となった三浦氏は、明治2年、大政奉還により10代、107年間の歴史に幕を下ろしました。
歴代当主は、当時お城山の麓(現在の市役所あたり)に屋敷を構えていたものの、城地・建物などはすべて国有となったため、最後の城主、10代顕次(たかつぐ)が、地元庄屋の支援を受け構えた邸宅がコチラ。
以来3代にわたりこの地で過ごしましたが、平成元年2月、旧勝山町へこの土地を寄贈。
屋敷の正門前に、樹齢数百年とされる巨大な椎の木が立つことから別名「椎の木御殿」との呼び名で親しまれています。
現在は、敷地を一般開放。敷地内には地産地消をテーマにした料理を提供するお食事処「椎の木御殿」が併設されています。

エリア
美作
カテゴリ
古民家・日本家屋

基本情報

住所 〒717-0015 岡山県真庭市岡270
ロケ実績フジテレビ年末SPドラマ「金田一耕助 悪魔の手毬唄」

マップ

周辺スポットを表示

このページを見ている人は、こんなページも見ています

このスポットの近くでできること(体験)

このスポットから近い宿泊施設

この地域のおすすめ特集