大通寺

だいつうじ
季節豊かな山間の、のどかな田園にたたずむお寺。

大通寺は743年に開基されたと伝わる曹洞宗の古刹。書院の北側に広がる池泉観賞式庭園は別名「石寿園」とも呼ばれています。矢掛の庭師が江戸時代後期に21年間という長い月日をかけて築いたものです。池や滝の間にさまざまな石が絶妙のバランスで配され、変化に富んだ趣のある空間を創出。岡山県の名勝に指定されています。

エリア
備中
カテゴリ
寺社・教会・城

基本情報

住所 〒714-1202 岡山県小田郡矢掛町小林1815
ロケ実績NHK-BSプレミアム「八つ墓村」

マップ

周辺スポットを表示

このスポットの近くでできること(体験)

このスポットから近い宿泊施設

この地域のおすすめ特集