撫川うちわ

なつかわうちわ

江戸中期に庭瀬藩の家臣たちの内職として作り始めたものです。俳句を詠み込んだ「歌継ぎ」といわれる雲型模様、その下に句に合わせた花鳥風月の絵柄が「透かし」技法で配されています。

基本情報

電話番号 086-293-1221(撫川うちわ保存会「三杉堂」(石原宅))
公式サイト
料金8,000円程度から