多聞寺

たもんじ

1533(天文2)年に法印精良上人が開山し、1692(元禄5)年に現在の場所に移転しました。1812(文化9)年の大火で本堂を焼失しましたが、弘法大師自作28体のひとつとされている大師像は自ら本堂より抜け出て難を逃れたといわれています。その夜、眼に火傷を負った僧侶が高梁の薬問屋に薬を求めて現われ、礼を言うやいなや姿を消すという出来事がありました。この話が伝わった後は、眼病にご利益があるということで、多くの参拝者で賑わったといわれています。毎年8月21日に大師の祭りが行われます。

エリア
備中
カテゴリ
神社・仏閣

基本情報

住所 〒714-1201 岡山県小田郡矢掛町矢掛2056
電話番号 0866-82-0629(多聞寺)
口コミサイト トリップアドバイザーで口コミを見る
交通アクセス(車)山陽自動車道鴨方ICから約20分
交通アクセス(公共)井原鉄道井原駅から徒歩約10分
駐車場あり

※営業時間や定休日、料金など変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。

マップ

周辺スポットを表示

このページを見ている人は、こんなページも見ています

このスポットの近くでできること(体験)

このスポットから近い宿泊施設