勝山旅先案内人

かつやまたびさきあんないにん
勝山の町並みを地元ガイドがご案内

コース例:(約1時間)中国勝山駅→新町商店街→のれんの町並み(のれん工房・酒蔵など)→高瀬舟発着場跡地→勝山中央図書館

勝山武家屋敷館勝山郷土資料館は有料となります。

【町並み保存地区】
 出雲街道の宿場町・城下町として栄えた勝山。土蔵はもちろん、白壁や格子窓の古い町並みが残ることから、昭和60年に岡山県初となる「町並み保存地区」に指定。昔ながらの酒蔵に、旧家、武家屋敷といったノスタルジックな建物に加え、古民家、蔵などを活用した工房、カフェ、ギャラリーなどが軒を連ね、歩くだけでも楽しい趣をかもし出しています。
 今では“のれん”が勝山のシンボルになっていて、町のあちこちで観光客の目を楽しませてくれます。また、室町時代に始まったとされる高瀬舟の発着場跡が、旭川沿い約700mに渡って残り、玉石積みと白壁の景観が往時の賑わいを偲ばせています。

エリア
美作
カテゴリ
ボランティアガイド

基本情報

住所 〒717-0013 岡山県真庭市勝山420-2(勝山観光協会内)
電話番号 0867-44-2120(勝山観光協会)
公式サイト
営業時間10:00~16:30(ガイド案内は基本1時間)
定休日年末年始
料金ガイド1名3,000円
受入人数10人~40人(1日ガイド2人まで)
予約方法電話、FAX(14日前までに)
写真ダウンロードURL観光写真ダウンロードはこちら
備考ガイド数:4名(2021年7月1日現在)
※受入れに際しては新型コロナウイルス感染症対策を実施中です(要確認)。

マップ

周辺スポットを表示

このページを見ている人は、こんなページも見ています

このスポットの近くでできること(体験)

このスポットから近い宿泊施設

この地域のおすすめ特集