ロケ地

条件を指定して探す
開催日
カテゴリ
エリア
定番・クーポン
現在地からの距離
所要時間
検索する
  • 2019年10月
       
       
  • 2019年11月
             
  • 2019年12月
           
  • 2020年1月
         
     
  • 2020年2月
               
  • 2020年3月
           
  • 2020年4月
         
       
  • 2020年5月
             
               
  • 2020年6月
     
           
  • 2020年7月
         
     
  • 2020年8月
               
             
  • 2020年9月
       
         
現在の検索条件:
  • 古民家・日本家屋×

享和、文化の頃(1800年ごろ)小泉銅山とローハ(硫酸鉄)の製造を営み、巨大な富を築いた大野呂の庄屋・広兼氏の邸宅。江戸末期に建てられた、楼門づくりで城郭にも劣らない堂々たる石垣は、今もそのままに当時の富豪ぶりを…

敷地1,000坪の広大で風格漂う屋敷。

18世紀中ごろの日本建築の粋を凝らした風格あるたたずまいが往時をしのばせる。。約1000坪(約3200㎡)の広大な屋敷内には御成門をはじめ、日本建築の粋をこらした佇まいが今も当時の姿で残っています国指定需要文化財…

文和元(1353)年に、宮崎県から戦乱を逃れ、久米南町の山手の地に帰農した治部家の居宅で、江戸時代の豪農の面影を伝えている。

会いたくなる。吉備中央町

吉備中央町の豊かな自然と農業を体験できる宿泊施設。多種多様の農家民宿があり、古民家をリフォームしたオシャレな民宿もあります。

勝山の歴史と温もりを感じる町並み

江戸時代の武士の生活を偲ぶことができる武家屋敷館や,城主三浦家に関する資料を中心に数多く展示されている勝山郷土資料館がある。江戸時代から書家に親しまれている名産の高田硯の店や地酒の醸造元もある。また,保存地区内の…

タイムスリップした気分!茅葺の民家が点在し、日本の原風景が残ります。

 八塔寺山へのつづらおりの坂道をぐんぐん登ると突然視界が開け、山頂部にかやぶきの農家が点在するのどかな風景が広がります。標高400mの高原に開ける「八塔寺の村」。かつて高野山に並ぶほど仏教が栄えた場所です。ふるさ…

岡山県指定の「石火矢町ふるさと村」の一角にあります。 この建物は、今から一七〇年前天保年間に建てられたもので、二〇〇石前後の武士が住んでいた建物です。 母屋と長屋門からなり、母屋は書院造り、また中庭の池や庭石…

江戸から昭和、時代の変遷を感じる邸宅

江戸時代、参勤交代の時に使われた出雲街道沿いにあり、広大な屋敷内には主屋、座敷、洋館、茶室、庭園などがある。敷地内建物での撮影可能。

藩主の館 椎の木御殿

旧三浦家別邸。 明和元年(1764)、三河国西尾より移封になり、勝山領主となった三浦氏は、明治2年、大政奉還により10代、107年間の歴史に幕を下ろしました。 歴代当主は、当時お城山の麓(現在の市役所あたり)に…

歴史・文化の薫る 陣屋町

豊臣秀吉の正室ねねの実兄を藩祖とする木下家2万5千石の陣屋町。 保存地区は,陣屋町のうちの町人町にあたる。 足守の特徴として,格子が良好に保存されていることがあげられる。千本格子や切子格子など端正な格子が取り付け…

茅葺き古民家(一部リノベーション済)

西粟倉村の南部に位置し,山裾に広がる農村地帯であり,春は山菜,夏は蝉しぐれ,秋は紅葉,冬は雪と四季の自然が楽しめる。特に,夏は冷涼で避暑には最適の地域である。近くに智頭線の西粟倉駅が設置されている。 

日本の花に、会いに行こう。

「花の山寺」と呼ばれ、春はしゃくなげ、初夏には紫陽花、夏にはゆうすげ、秋にはそばの実など四季折々に花を楽しむことができます。 特に桜は春と秋の2回に渡って花を咲かせる四季桜が植えられえていて、秋にはモミジの赤と…

中世の「むら」の様子を再現した歴史パーク

鎌倉から室町時代にかけての吉備高原のむらのようすを精密な時代考証により再現したものです。地形を生かした敷地の中に農家や山城、三斎市、屋敷、城主の館などが点在しています。

江戸時代中期から後期にかけて、百二十石から百五十石取りで、近習役や番頭役などを勤めた武士の住宅である。江戸中期の建築として平屋建て、桟瓦葺き、箕甲・入母屋造りで大ぶりな三ッ花懸魚を取付け、玄関には幅二間の式台を設…

和気町を代表する旧家で部屋の格を意識した珍しい建築様式が特徴

江戸時代,酒造業で成功した大地主の生活を伝える大型民家で,主屋は宝暦10年(1760),蔵座敷は享和元年(1801)建築である。主屋は二階建で,屋根は東西棟の茅葺き入母屋屋根2棟を平行に配置し,その間を直角方向…

備前、備後の国境跡

若山牧水がこの地を旅した際に宿泊したとされる「熊谷屋」が復元され、二本松公園が整備されています。緑豊かな庭には水上ステージも設けられています。

脇本陣・木代邸は出雲往来の宿場として栄えた新庄宿で脇本陣をつとめた家です。 屋号は「向馬場屋」と称し、江戸時代の終わり頃に建てられた幕末を代表する建物で、三列六間取りの大規模家屋です。 入口の柱には馬つなぎの環が…

生活感ある古く栄えた港町の面影が残る

古くから風待ち、潮待ちの港として栄えた牛窓。港町として栄えた江戸時代から昭和30年頃の面影を数多く残す。 三重塔が建つ本蓮寺や明治時代の有力者の邸宅である御茶屋跡、白壁の土蔵、格子戸、旧中國銀行、燈籠堂跡など、…

武蔵は天正12年誕生、父・祖父ともに十手術の達人という武術家に生まれ育ちました。建物は昭和に火災で焼失、現在の瓦屋になりました。

出雲街道の旧家をリノベーションしたコワーキングスペース。テレワークの拠点、サテライトオフィスとしての機能を持つほか、村民が集えるコミュニティスペースでもある。