飲んで・食べて・泊まって、仕事もできる!「インセクト」に行ってきた(津山市中心部)

こんにちは、県北ライターの藤田です。今回紹介するのは津山にできた複合施設「INN-SECT(インセクト)」です。津山市の中心地、銀天街近くにある元津山信用金庫中央店のビルを利活用して、カフェ・ゲストハウス・シェアオフィスの3つの機能を兼ね備えた複合施設が誕生!オシャレでコンセプトも新しい施設にさっそく行ってきました。
掲載日:2020年01月20日
  • ライター:藤田亮太
  • 2344 ビュー

入り口には各フロアの案内

こちらの施設、入り口を入ってすぐに各フロアの案内があります。
3階建ての施設は1階カフェ、2階ゲストハウス、3階シェアオフィス になっています。
施設名の「インセクト」というのは直訳すると「昆虫」というユニークなネーミング。
名前の由来は、小さな宿泊施設を表すINN、と3つのsection(昆虫でいう頭・胴・腹)からなるこの施設を表しています。他にもsectionには「章・節」という意味もあり、この場所から津山を新たな章へ導くという強い思いも込められているそうです。

1階のカフェ

1階のカフェは広々使えるテーブルが2列とカウンター席になっています。
広々使えるテーブルには中央部分にコンセントが用意されていて、1ドリンクを注文すればパソコン作業や携帯の充電など自由に使えます。
おしゃれな空間で仕事もできる。 ノマドワーカーには重宝されること間違いなしの空間ですね。

テーブルには中央部分にコンセント

もちろん、フリーwifiも完備ですよ。

メニュー①

カフェはモーニング、ランチ、そしてカフェと3つのメニュー構成になっています。
メニュー表も写真撮らせていただきました。 (2020年1月現在のメニューです。)

メニュー②

メニュー③

カフェでは14時からアルコールの提供もあるので、昼間っから飲んじゃう贅沢な気分を味わうこともできます。(くれぐれも飲んだら乗るなでお願いしますね。飲むならそのあとは2階のゲストハウスでの宿泊を!)

ランチ

4種類あるランチから、大山鶏のフォーを注文してみました。
パクチーが別グラスに盛られていて、好みの量を入れて食べます。
パクチーパクチーパクチー、、、
噂には聞いたことあったのですが、 実は今まで実物をお目にかかる機会がなく、この日がリアルパクチーとの記念すべき初対面となりました(嬉
フォーは鶏出汁にレモンの酸味とパクチーのアクセントが効いていて、あっさり美味しくいただきました。
また、サイドメニューの生春巻きや付け合せの自家製ピクルスも美味しかったです。

サイドメニューの生春巻き

自家製シロップのハニーレモンジンジャー

他の店では昼食を食べたらいつもコーヒーを頼むのですが、ここはせっかくなのでちょっと変わったメニューを。
自家製シロップのハニーレモンジンジャーをホットで注文しました。
甘さもちょうどよく、ジンジャーのおかげで体の芯からホッコリあったかくなりました。ジンジャーの優しい辛みがポイントですね。
この日の付け合わせのお菓子はビスコッティーでした。

食券制になる予定

こちらのカフェは食券制になる予定ですが、準備ができるまではセルフオーダー・先払いシステムになっています。
(2020年1月20日現在)

カフェの奥にあるレセプションでメニューをオーダーして、支払いまで済ませて席に着くという流れです。
初めての方は少し戸惑うかもしれないですね。
店内に入ったら直進し、まずは奥のレセプションカウンターへ堂々と進んでいってください。

お水はセルフ

入り口近くにウォーターピッチャーとグラスがあり、こちらもセルフサービスになっています。

カフェ奥には、なんと金庫扉?!

もともとこの建物は信用金庫として使用されていたそうです。 
なので、1階正面には、ドドーンとその名残の金庫扉!

この扉の奥は現在(2020年1月)準備中とのことですが、4~6人の小グループで利用できるテーブルを2台置いて 予約もできる席にする予定だそうです。
金庫の中に入るって、想像しただけでワクワクしませんか?

大画面!75インチ壁掛けディスプレイ

他にも目を見張るのが、前述の金庫扉横にデデーンと存在する75インチの大きな壁掛け液晶ディスプレイ。
このカフェ主催のイベント時にはこの大きなモニターが活躍します。

また、パブリックビューイングでの利用も考えているそうです。
何と言ってもオリンピックイヤーの今年、7月〜8月は大いに盛り上がりそうですね。

2階ゲストハウス

2階のゲストハウスはカフェ奥の通路を進んで階段で上がって行きます。

扉はカードキーで開閉

最近はこんな時代なんですよね。
こんなところにいちいち驚いています(照

男性専用部屋

男性フロア、女性フロアには2段ベットとシングルキャビンタイプベットの2種類あり、 キャビンタイプのベットは少し割増になっています。
 

キャビンタイプベット

キャビンタイプのベッドは枕元に照明とコンセントがあるだけのシンプルなつくりです。
秘密基地のような囲われた感じが最高の寝心地を後押ししてくれそうですね。
 

女性専用部屋にはワードローブ

男性専用部屋に比べるとベット数が少なく、その代わりにワードローブが充実しています。

貸切個室

貸切個室タイプには二段ベット2台、ソファーベッド1台が常設。最大6名まで宿泊可能とのことで、 6人目の宿泊は折りたたみの簡易ベットが用意してもらえるそうです。
個室タイプはファミリー利用も十分可能。
ここで家族の思い出が作られることを想像すると自然と笑みがこぼれますね。

3階シェアオフィス

最上階の3階はシェアオフィス。
エレベーターがないので階段移動になります(ハァハァ。。。
運動不足解消にもなりますね・・・

おしゃれなオフィスフロア

この部屋はコワーキングスペースと個室オフィスの2種類があります。
個室は会員制の月極契約のみで利用可能。
コワーキングスペースは会員制の月極契約と非会員のドロップインとの2パターンの料金体系で利用可能になっています。

角度を変えるとこんな感じ

個室オフィス

オフィス内には社長の選書が並ぶ

随所においてある本は、この施設の運営会社の社長自らがセレクト。 さらになんと本の配置にまでこだわってるんです!
なぜこの並びなのかを想像しながら、じっくり選書を眺めて見るのも楽しいんじゃないでしょうか?(右上、ビットコイン書の隣に火花が。なんとも意味深。。。)

プロジェクター、ディスプレイ、web会議用のヘッドセットなどノマドワーカーには必要な貸出備品も揃っています。もちろん、コピーやプリントアウトなどもできるようになるそうです。
(2020年1月時点では準備中ですので、ご利用希望の際はお問合せください。)

こちらのスペースは仕事終わりに資格試験勉強のために利用される方もいるんだそうです。図書館で勉強するよりも周りに同じような意識高い系ビジネスマンがいたほうが勉強が捗るかもしれませんね。
またここでの交流で新たなビジネスが生まれたりなんてもことも期待できます。

案内してくれた担当スタッフの武川さん

今回は運営会社の担当、武川さんに1階から3階まで案内していただきました。
武川さんにとっても待望のゲストハウスで、 「ぜひ、地元の人にも利用してもらいたい」と話されていました。
ご自身でも、県外で働いていたときはゲストハウスに泊まって翌朝そこから出勤する、 という経験があり、その「日常」の中に「非日常」を織り込んだ新しいライフスタイルの楽しみ方を体験してみてほしいとのことです。

地元だから「毎日自宅から出勤する」という固定概念を取っ払って、「今日は気分を変えて、ゲストハウスに泊まってみて、翌朝このまま出勤してみよう」 という日々の生活に心地よい刺激を加えてみてはいかがでしょうか。

津山という地で、そんな新しい価値を持ったライフスタイルを実験的に試すことができる、面白い場所になっています。

店舗情報

店名:INN-SECT
所在地:津山市二階町29(JR津山駅から徒歩約15分)

【1階カフェ】
モーニング 9:00〜11:00、ランチ 11:00〜14:00、カフェ 14:00〜22:00 (21:30ラストオーダー)
定休日:水曜日

【2階ゲストハウス】
チェックイン 16:00〜(※21:00まで)、チェックアウト 11:00
※有料アメニティ:レンタルバスタオル・ボディタオル・歯ブラシ・シャンプー・リンス・ボディソープ・カミソリ

【3階コワーキングスペース】
月契約:個室オフィス 月額30,000円、コワーキング 月額12,000円
ドロップイン:2時間 500円(受付にてワンドリンクオーダー)、1day 3,000円
※価格はすべて税別です。
 
マップを見る
ランキング  1 Week
テーマ
市町村
ライター紹介

同じテーマの記事

このライターの記事