安全・安心への取り組み「新型コロナウイルス感染症対策」 " /> 安全・安心への取り組み「新型コロナウイルス感染症対策」 " />

感染予防をしながら岡山観光を楽しもう! ~宿泊施設での感染防止対策例~

観光客の皆さまに安心して岡山の観光を楽しんでいただくため、岡山県内の宿泊施設の取り組み例をご紹介します。
取材協力:ホテルグランヴィア岡山

【特集】安全・安心への取り組み「新型コロナウイルス感染症対策」
掲載日:2020年12月24日
  • ライター:おか旅編集部
  • 387 ビュー

ホテルグランヴィア岡山(岡山市)

今回取材に伺ったのは、JR岡山駅直結の「ホテルグランヴィア岡山」。宿泊・食事(ランチ・ディナー)・ビジネス・観光・接待・会議・婚礼まで、幅広いニーズに対応するハイクオリティな時間が過ごせる施設です。
館内には洋食、和食、中華と6店舗あり、最上階のスカイラウンジからは岡山の市街が一望できます。
その他、宿泊者と会員のみが利用できるサウナやジャグジーを備えたプールをはじめ、リラクゼーションサロン等もあります。

感染症対策:新たな衛生基準「Clean&Safety」

ホテルグランヴィア岡山を運営するJR西日本ホテルズは、ホテルグループ全体で統一した新たな衛生基準「Clean & Safety」を策定し、日々感染症対策に取り組んでいます。
「JR西日本ホテルズでは、このたび、お客様と従業員の安全を第一に鑑み、新たな衛生基準「Clean & Safety」を策定いたしました。私たちは、新しい生活様式の中でも、お客様が、より快適に、安心してご滞在いただける上質な旅の基点となるために、妥協のない清潔さと、衛生的な環境づくりに努めてまいります。」とコメントを発表されました。

感染症対策:ロビー~フロント

入館してすぐ、ロビーにはお客様向けに4つの感染症対策を掲示して、協力をお願いしています。
1、体調確認や検温にご協力ください
  ※37.5度以上のお客様は ホテル施設のご利用をお控えください
2、館内施設の入口にアルコール消毒液を設置しておりますので 手指の消毒にご協力ください
3、マスクの着用にご協力ください
4、3密(密集・密接・密閉)にならないようにご協力ください
観光客の皆さまが安心して宿泊施設に宿泊できるよう、岡山県が県内の宿泊施設を対象に開催した、新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた衛生対策講習会を受講のうえ、感染症拡大防止ポスター・マークを利用し掲示しています。
空気清浄機をロビーにも設置し、空間の除菌を行っています。
フロント前では、チェックイン・チェックアウト時の混雑時もソーシャルディスタンス(社会的距離)を確保出来るよう、専用のマーキングを施しています。
エレベーターやエスカレーターでもソーシャルディスタンスの確保に協力をお願いしています。
お客様とスタッフの対面接触を軽減するよう各所へ飛沫感染防止シールドを設置しており、スタッフはマスクと手袋を着け、手洗い・検温を欠かさず行い、チェック体制も整えています。また、すべてのスタッフ(テナント・納入業者含む)とスタッフの家族についても体調確認を実施しています。
消毒液も各所へ設置しており、お客様へ手指の消毒・マスクの着用・検温の協力をお願いし、ホテル到着までの海外等の経由地も確認しています。
飛沫感染防止シールドを含め、ロビー周辺などの不特定多数の人による接触機会の高い場所(エレベーターボタン・エスカレーター手すり、トイレ等)について、定期的に清掃と消毒を実施しています。
会計はキャッシュレス決済を推奨し、現金の際も手渡しせず、キャッシュトレイにて受け渡しを行っています。

感染症対策:館内飲食店や宴会場

館内の飲食店の出入り口でも、消毒液を設置し、入店時の検温に協力をお願いしています。
 
宴会場前では、最新の検温検査システムを導入し、複数の人に対して効率的かつ正確に検温を実施しています。
2名様の食事の際でも、4名様用の席にて対面を避けた席配置をしています。また、通常時より席数を減らし十分なスペースを確保しています。間には飛沫感染防止パネルを設置し安心して食事が出来る空間となっています。
さらに、定期的な換気も実施しています。
お客様にとって嬉しいのがこの使い捨てのマスク専用ケース。食事の際に一時的にマスクを保管出来るケースで、衛生面にも配慮されておりマスクの保管に困ることなくスマートに食事ができます。

感染症対策:3密の見える化

朝食レストランの利用状況を専用のWEBサイトで確認出来るシステムを導入しています。QRコードが客室テレビに掲載されており、読み取るだけで専用WEBサイトにアクセス出来ます。混雑状況を見ながら、快適に朝食を楽しめます。

感染症対策:その他

【清掃と消毒の強化】
・客室は従来の清掃に加え、頻繁に手が触れる箇所(ドアノブ、テレビや空調のリモコン、電話、椅子・テーブル、筆記用具、スイッチ、トイレの流水レバーハンドル・ペーパーホルダー・蛇口、バスタブ・シャワーの取手、ドライヤー、客室内に備え付けの館内案内等)およびウォシュレットノズルの清掃と消毒

・レストラン、宴会場は従来の清掃に加え、頻繁に手が触れる箇所(ドアノブ・テーブル・椅子・メニュー表・テーブル上の備品/調味料入れ・マイク機材・クローク札等)はご利用ごとに清掃と消毒

【換気】
・館内各所は定期的に空気の入れ替え

【食の衛生】
・従来通り、食品衛生管理に基づき管理を徹底。食器・カトラリー類は高温洗浄、厨房の清掃を強化
マップを見る

同じテーマの記事

このライターの記事